チェリーボーイの意味は?由来や特徴、チェリーならでは魅力まで!

チェリーボーイとは、「女性経験がない男性」すなわち「童貞」の男性の事を指す俗称です。この記事ではその言葉の由来や、チェリーボーイである男性の特徴・恋愛の傾向について解説します。また、恋愛関係になった時のメリットやデメリットについても紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

チェリーボーイってどんな意味?童貞とは違うの?

JillWellington / Pixabay

成人男性の中でも未だ性行為未経験男性は数多くいると思いますが、そんな男性を指してよく使われるのがこと言葉。かなりの頻度で聞くことのある言葉ですが、その正しい意味や由来については知らない人も多いでしょう。

チェリーボーイとは女性経験がない男性のこと

sasint / Pixabay

そもそもこの言葉の意味は何を示しているかご存知でしょうか。日本語では、別の言葉で「童貞」という言葉がありますが、その単語との違いもあるのか気になるところです。そこで、日本語と違いについても見ていきましょう。

まず、この言葉の意味ですが使われているシーンの通り童貞を意味しています。日本語との違いはなく、英語か日本語かどうかだけの違いになるようです。日本語の方の由来は諸説あるようですが、それぞれの字を取ってこのような意味になったといわれています。

Couleur / Pixabay

童は子供を表し、貞は主に女性のことですが貞操を表しており、それを守ることから童貞という言葉が出来上がったそうです。

チェリーの由来は処女を失った女性からきている

JillWellington / Pixabay

日本語の方の由来についてはわかりましたが、では今回の英語であるこちらの言葉の由来はどこから来ているのでしょうか。実はもともとは男性を表しているのではなく女性の処女喪失を表しているところから来ていいるといわれています。

ご存知の通り、チェリーとはさくらんぼを意味していますが、別の意味では処女を失った時に流れる淡い色の血液を表す言葉で用いられるそうです。そこから、処女を失った女性を比喩表現で使っていたそうなのです。

女性を指した言葉が男性にも使われるようになった

Myriams-Fotos / Pixabay

上記の様にも、もともとは女性を指し示す言葉であったわけですが、さらに、そこから男性を圧す言葉としても使われるようになります。

男性の場合は、もちろん血は流れることはありませんが、まだ性行為の経験がないという意味で男性を指し示すために、今回の言葉が誕生するようになったようです。そうして、現在まで男性のことを指す言葉の方が普及してしまって呼び名と化してしまったようです。

candoyi / Pixabay

こういった言葉が普及する一方で、もともとの女性を指す法でのチェリーは使われなくなっており、現在の欧米人の中にはほとんどいないそうです。その代わり英語では処女のことをヴァージンと呼ぶようなので、さほど支障はないようです。

その他セックス関連の言葉「まぐわい」に関する記事はこちら

 

チェリーボーイの特徴って?見た目の特徴5つ!

言葉の成り立ちを見ていくと、日本で使われるようになるまでの流れもわかるというものですが、では彼らはどんな人たちなのでしょうか。まずは見た目部分から追求していきましょう。

見た目の特徴①髪型がボサボサ

Pexels / Pixabay

見た目の特徴としては、まず髪型がボサボサな方である可能性が高いです。女性視点で見ていくと、やはり髪型がボサボサだと好印象には受け取られないようです。

髪がきちんとセットされていないと、どこか幼く見え子供っぽく見えます。女子からすれば頼りがいある男性には決して見えないでしょう。また、髪をセットすることは清潔感にもつながります。

Free-Photos / Pixabay

ボサボサの状態でいるとどうしても清潔感は感じられませんし、何よりも見た目にこだわらないという点は、女性からどう見られるかをあまり気に留めず、そのため女性との付き合い方も慣れていないという印象を持ちがちになります。

女性からすれば、あまり印象も良くなく不潔感や男性によっては怪しい雰囲気にもなって近づきがたくなります。あまり女性との交際経験などもないのではないでしょうか。

見た目の特徴②服がおしゃれじゃない

NEXT 見た目の特徴②服がおしゃれじゃない