「チャクラム」とは?気になる使い方や殺傷能力アニメキャラの紹介!

チャクラムとは円形の珍しい武器で、古代インドや日本でも忍者が使っていた他、アニメや漫画でも大活躍しています。そんなチャクラムの気になる由来や使い方、実際の殺傷能力はどれくらいだったのかをまとめました。漫画やアニメで見たことがある人は、チェックしてみてください。

この記事をかいた人

チャクラムとは

Hans / Pixabay

皆さんはチャクラムという言葉を聞いたことがありますか?どこかNARUTOで出てきそうな術の名前のような気もしますが、少し似た道具となっていて、意味合いというより、この現実の世界で実際に存在しているものなのです。

チャクラムは武器の一種

Free-Photos / Pixabay

遠い昔に遡ると、この武器として使われていたものは、今現在まで保管されていることがわかりました。大人から子供まで知っている忍者のような人々が使っており、円形状で少し手裏剣に似た形のものです。

使い方もさまざまあり、真ん中の空いた円形の部分を掴みそして投げたりする方法もありますが、そのままもったまま切り刻むようなやり方もできそうな、自在に使いこなせるような道具だったそうです。

チャクラムは古代インドや日本でも使われていた

SarahRichterArt / Pixabay

見た目はまるで手裏剣と同じような形のチャクラムですが、これは基本的に遠い昔のアジア、もちろん日本やインドを含めた場所で使われていました。おそらくミュージアムなどに行けば、展示されているかもしれませんね。

チャクラムの目的と使い方

Pexels / Pixabay

アニメやゲームにもなるほど有名な忍者ですが、実際に忍者は存在していて数多くのツールを使いこなしていました。そんな数多くある種類の中でもよく知られているのが手裏剣ですが、それに似たチャクラムは一体どのように使われてきていたのでしょうか。

チャクラムの目的は対象を斬る

数多くのツールは遠距離向けの弓や砲丸などがあり、近距離では刀系等のは物が多かったはずです。チャクラムは近距離でも使うことができますが、飛ばして人を斬るために作られたものであります。要するに人をきる専門分野ということになりますね。

チャクラムの使い方①指を通して投げる

チャクラムの形は丸い円盤のようになっていて、真ん中に大きな穴が開いています。そこに指を入れるようにして、遠心力を含めて回し、目的となる部分へ投げるというやり方があります。投げることは同じでももう一つ違う方法もあるのです。

チャクラムの使い方②指で挟んで投げる

こちらの投げ方は、一般的に想像するときに思い描くであろう形ですが、手でチャクラムをダイレクトに掴み、そのまま投げるというやり方です。こちらの方が一般的な動きなので、誰でもわかりやすく想像出来るでしょう。

チャクラムの使い方

NEXT チャクラムの使い方