【ロボトミー殺人事件】事件の概要や判決・桜庭章司の生い立ちや現在は?

ロボトミー殺人事件とは、ロボトミー手術を強制施術された桜庭章司によって引き起こされた復讐のための殺人事件です。悲劇の殺人事件はなぜ起きてしまったのか、事件の概要や裁判の判決に加えて、不遇な犯人の生い立ちや現在について解説します。

この記事をかいた人

あらゆるジャンルの記事を、よりわかりやすく、多くの方に発信して行けるように頑張ります!

ロボトミー殺人事件とは?復讐のための殺害だった!

geralt / Pixabay

住宅に侵入し、2人の女性を殺害した上に金銭まで奪ったとされているロボトミー殺人事件ですが、実は、ロボトミー手術を受けなければ引き起こされなかった事件だったのです。

ロボトミー殺人事件の背景と事件当時の桜庭障司

aytuguluturk / Pixabay

妹との口論で家具を壊し逮捕され、精神に異常があると判断された桜庭は、自分の意思とは裏腹に、強制的に精神外科手術を受けることになり、その後の人生を壊されてしまいます。

ロボトミー手術の真実を世に知らしめる無理心中計画

手術前までは何事においてもやる気がみなぎって仕事もバリバリこなせていましたが、変わり果ててしまった自分が虚しくなり、自分の人生を壊した藤井医師を殺し自分も死のうと殺害を計画しました。

殺害の動機は明確で、当時の精神医療の分野において非常に効果的だとされていた手術は、人間を壊してしまう狂った療法であることを問題提訴しようと考えてました。

そしてその非人道的な手術は時として本人の同意を得ず、強制的に実験台にされているかの様に行われている事を明るみにしようとしてました。

肝心な藤井医師が帰宅せず、妻と母親を殺害

niekverlaan / Pixabay

喜怒哀楽を上手く表現出来ないながらに、藤井医師を殺害しようという負の思いを煮えたぎらせ、桜庭は遂に行動に移します。

藤井宅には義理の母がいたので、中へ押し入り、ガムテープなどで拘束し、その後藤井の妻が帰宅したのでこれも完全に拘束し、帰りを待ちました。

藤井を待つ間はこれまでの事を永遠と2人に聞かせていましたが、予定通りに帰宅しなかったため、仕方なく2人を殺害し金品を奪い、強盗殺人に見立てました。

桜庭章司は池袋駅で現行犯逮捕される

3839153 / Pixabay

殺害現場を離れて、池袋駅の中央改札口近くで手術の後遺症と薬物により意識が朦朧とした事で動作がぎこちなく何度も手錠を落としていました。

そんな姿を見た警察官は桜庭に職務質問をするため交番に連行され、銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕されました。 

桜庭は以前も手術後に金欠から強盗を試みましたが、やはり後遺症から手足が上手く動かずに店員に押さえつけられ逮捕されていました。

ロボトミー殺人事件の裁判と判決

NEXT ロボトミー殺人事件の裁判と判決