【エリザベートバートリ】恐怖の血の伯爵夫人の残虐行為と吸血鬼伝説

エリザベートバートリは血の伯爵夫人・女吸血鬼のモデルとして有名なハンガリーの貴族です。少女の血が美貌を守ると信じて、領民を拷問の末に殺害、血を浴びたといわれています。エリザベートバートリの残虐行為や吸血鬼伝説のモデルになった理由などをまとめました。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

エリザベートバートリとは?吸血鬼伝説のモデルの一人!

貴族の中でもかなりの上級の一族であるバートリ家の娘で高貴な家柄の人物になりますが、その正体は自分の美貌のために若い娘たちの血を集め殺害した血の伯爵夫人というあだ名をつけられている女性になります。

彼女はラテン語やギリシャ語を習得しており教養のある才女だったと言われており知識と美しさを兼ね備えていた女性になります。

エリザベートは1575年に15歳で、結婚をしますが夫は戦などで留守がちで姑はとても厳しかったと言われておりエリザベートは退屈な日々を送っていました。退屈な日々を過ごす中でエリザベートの楽しみは綺麗なドレスや宝石を身に着け美しさに酔ったりしていました。

また、エリザベートには何人もの愛人がおり、夫も愛人の存在には知っていましたが自分が城を留守にすることが多いため負い目を感じていたのか咎めるようなことはしなかったそうです。

エリザベートバートリの悪行や残虐な行為の数々とは

KlausHausmann / Pixabay

エリザベートには数々の悪行の履歴や残虐な行為を行っていた事実があります。それは目を疑うような拷問であったり殺害方法であったりしました。彼女が行った悪行について詳しく見ていきます。

エリザベートバートリの悪行①使用人の虐待

Free-Photos / Pixabay

エリザベートは貴族でしたので、叱りつける人もおらず甘やかされて育てられています。そのため非常にワガママで強欲であったと言われています。

そして彼女は極度の頭痛持ちだったと噂があり頭痛により自分の体調が悪くなると使用人を虐待し、使用人の苦痛の表情を見たり悲鳴を聞いたりすると頭痛が落ち着いていた為自分の体調のために使用人を虐待していました。

Counselling / Pixabay

エリザベートの悪行は結婚前から行われていましたが、1604年に夫が亡くなると彼女の悪行はエスカレートすることになりました。夫の生前から彼女と姑との間には確執があり姑の使用人に嫌がらせをしたいましたが彼女はまず姑を殺害しています。

エリザベートバートリの悪行は夫から受け継いだ?

WikimediaImages / Pixabay

幼少期からワガママで気位が高いと言われており、結婚前から使用人を虐待していましたが実はこの悪行は夫から受け継いだのではという説も存在しています。

エリザベートの夫フェレンツは優れた軍人でありましたが気性が荒く、イライラするとすぐに人を殴ったり鞭を打ったりしていました。また。戦争でとらえた捕虜に対して残虐な処罰や拷問をしていたとされており、周囲からは「ハンガリーの黒い英雄」と呼ばれています。

エリザベートバートリの悪行②誘拐した娘たちを残酷に殺害した

Alexas_Fotos / Pixabay

始めの頃は、自分の領地内の農家の娘など身分の低いものを選んで誘拐し血を奪っていましたが、次第に貴族の娘達にまで被害は及ぶことになりました。下級の貴族の娘に礼儀作法を教えると偽り城に誘い出し殺害していきました。彼女は多種多様な残虐な方法で娘たちを殺害していきます。他、古代の拷問に関する記事はこちらを御覧ください。

エリザベートバートリの拷問①鋼鉄の処女(アイアン・メイデン)

エリザベートは生き血を集める為に様々な手法を用いました。特に多かったのが鉄の処女による集め方です。中世ヨーロッパの中でも特に有名な拷問道具の1つになります。

鉄の処女は箱の内側に無数に針があり中に入れられ扉を閉められる針が肌に徐々に刺さっていく拷問道具になります。エリザベートは生き血を集めるのが目的でしたので管が取り付けられており、鉄の処女についていたボダンは宝石だったそうです。

エリザベートバートリの拷問②鉄の鳥籠

鉄の処女と同じくらい中世のヨーロッパではよく使用されていました。人が1人やっと入るぐらいの大きさの人間用の鳥かごのようなものですか。かごの内側に無数の針がついており娘を入れエリザベートのベッドの上に釣りあげます。

空中である為不安定な動きになることと内側には針がついておりとても狭いことで、動くと針が突き刺さる仕組みになっています。また、血をシャワーにして浴びるためにエリザベートは使用人に火のついた棒で娘たちに近づき熱さで動き回る娘たちの血を浴びていました。

ベッドに寝そべるエリザベートに直接降り注ぐため、血のシャワーとエリザベートは呼んでいました。

エリザベートバートリの拷問③血の饗宴

SvenKirsch / Pixabay

エリザベートが娘の血を手に入れる欲求が高まるたびに犠牲者の数が増えていき、次第に遺体の処理がままならなくなり城内だけでなく周辺の城下町にまで腐敗臭が漂うようになりました。

また、腐敗臭だけでなく夜中に城の方から悲鳴が聞こえるなどの噂が数多く出るようになり近隣の住民が使用人として雇うことが難しくなりなりました。

geralt / Pixabay

貴族として偽り農家の娘を拉致して城に連れていき、宴会に招きますがその宴会の席で招かれた娘たちは全員首を切り落とされたため、血の饗宴と言われています。

エリザベートバートリの拷問④星蹴り

油を塗った紙切れを被害者のつま先に挟ませ火をつける星蹴りという拷問がありました。暑さに耐えきれず紙を外そうと足を蹴りながらもがきますが油を塗っている為足に張り付きとることが出来ずに泣きわめくことになります。

エリザベートバートリの拷問⑤水責め

Wild0ne / Pixabay

エリザベートが行った拷問には、ただ血を流させるだけではなく裸にした娘を寒い中に置き去りにするという水責めの拷問も行っています。

エリザベートバートリの拷問⑥虫責め

水責めの他にも蜜を身体に大量に塗った後被害者の娘たちを木に縛り付け鳥や虫たちについばませるという虫責めも行いました。

殺した娘達の血で美貌が維持できると信じた

NEXT 殺した娘達の血で美貌が維持できると信じた