八鹿高校事件とは?事件の概要や背景・主犯の丸尾良昭の人物像にも迫る

部落解放同盟を悪用していたという噂も

JavadR / Pixabay

被差別問題は、差別する側される側、両者がいなければ成立し得ない問題です。いつの時代においても、差別する側は自分は正しいんだと心を騙し、罪悪感を感じて生活していたことでしょう。

しかし、丸尾はそんな人々の罪悪感を悪用し、さも自分が被差別立場の代表だとでも言わんばかりに言論を振りかざします。残念な事には証拠として、勤め先での数々の問題行動についての記述が残されているのでした。

自転車屋において部品を脅し取るような脅迫行為、勤め先で喧嘩になった相手の言葉尻を捕らえ、売り言葉に買い言葉程度の悪口を差別発言と糾弾。さらには、町会での主事の発言を曲解し責め立てるなどしていた様です。

八鹿高校事件後のマスコミと世間

stevepb / Pixabay

デモンストレーションを起こすでもなく、決起会を開くでもなく、学校を占拠した上に武力を行使し自分らの意見を誇示しようとした、中々前代未聞な事件ですが、なぜかマスコミは飛びつくでもなく静観していました。

その背景には、当時の差別問題報道に関するデリケートな取り扱いが要求されたことがありました。端的に言ってしまうと、注目を引く”オイシイネタ”ではあったが、扱いが難しかったため腫れ物扱いしたのです。

しかし、そうした各所マスコミに対して、事件を知る人々からは熱烈なレスポンスがありました。まるで、保身に走らず報道機関の務めを果たさない彼らに発破をかけるかのようでした。

部落解放同盟の「暴力なかった」という主張を『社会新報』も報じる

ChristopherPluta / Pixabay

現在も名を変え存続している政党が、まず解放同盟側の意見を平易に汲み取り、事実と反する内容を機関紙に掲載しました。裁判でのトンデモ証言とも共通する、力での制圧は行っていないとの内容です。

しかし、こちらについては読者皆さんも周知の通り真っ赤な嘘です。さすがにそれが事実だということは通らないとわかっていたのか、後に別県の解放同盟が事実調査をし、加害があったことを認めています。

八鹿高校事件後に部落解放同盟を批判する立場も

Alexas_Fotos / Pixabay

各所マスメディアによって、このショッキングな事件が世間の知るところとなれば批判が集まるのはやむを得ない事由であると言えます。もちろんその定理に漏れず、事件報道後は武力行使に出た同盟が批判されました。

日本各地に部落差別問題が散見されていたこともあり、当事者とその他の人々には溝があったのでしょうか。主張の正当さよりも、結果的には、同盟側のその暴虐な違法行為に注目が集まることとなるのでした。

人に何かを訴えるときに有力なことを紹介している人や書籍の存在は多々ありますが、その中でも暴力や暴言など相手の恐怖心を煽る方法を推奨していることはほぼ無いでしょう。正当なステップは非常に重要なのです。

朝日新聞は全く報じず抗議の電話殺到

Alexas_Fotos / Pixabay

全国各地に拠点を構え、多大な影響力を持っている朝日新聞は中でも非常にアクションが遅く、新聞読者の批判を買いました。このような重大事件を秘匿するのは、マスコミのあるべき姿とはかけ離れています。

当時の新聞読者も同じように感じており、朝日新聞社には当時としては異例な500件を上回るような声が届きます。中には一日を通して苦情や抗議の生の声が届いたこともあり、新聞社はたいそう驚いたようです。

事件から5日たった後ようやく重い腰を上げますが、記事の内容は事実無根な杜撰なものでした。事件から10年後には夕刊にて特集を設け、当時の報道姿勢は圧力ではなくあくまで「自主規制」であると説明しています。

八鹿高等学校生徒自治会は独自で報じた

Free-Photos / Pixabay

そんな大人事情の報道自粛はいざ知らず、解放同盟の傍若無人な振る舞いは事実であると果敢にも声を上げた報道紙がありました。それはなんと、悲劇の舞台となった八鹿高校の生徒会たちでした。

八鹿高校事件がいかに理不尽な行いで、自分たちの身内が傷ついたのかを鮮明に記した会報誌は2編にわたって刊行されました。大人の煮え切らぬ態度にしびれを切らした生徒諸君が、自らの手で真実を知らしめたのです。

八鹿高校事件は仕組まれていた?政治利用された?

Wokandapix / Pixabay

様々な事件で囁かれる陰謀論ですが、八鹿高校事件にももちろんポリティクスな操作があったのではないかという疑いがかけられています。では、この事件が発生することによって益を上げるのは誰なのだろうか。

その答えは、ずばり共産党です。当時の共産党は、全国に広まりつつある平等たれとする同和教育について批判的な目を持っていました。その陰には、解放同盟との間にある厚い壁の存在があります。

八鹿高校事件の裁判においても、共産党の意志介在があったことは、なんと明確であったとわざわざ触れられるほどに周知の事実でした。事件先日からの学校側の対応も、共産党の支持の元ではないかとされています。

八鹿高校事件と丸尾良昭のその後

adriannesquick / Pixabay

政党をも巻き込んだこの大騒動も、判決の小槌の音と共に一旦の幕引きとなりました。しかし、関わった人々、事件を知った人々の心に強いインパクトを与えたことは純然たる真実でしょう。

では、そんな変化を余儀なくされた関係者たちは、事件の終息後どのような道を歩むこととなったのでしょうか。また、意図の有無に関さず渦中となった団体の存続は成ったのでしょうか。

事件の主要登場機関である共産党、八鹿高校、そして必然的に人生を大きく変えることとなった加害者・被害者の両者の先行き、そして世間へ出された一冊の冊子について知っていただきたく思います。

NEXT 『部落地名総鑑』が発行される