大月孝行の光市母子殺害事件とは?生い立ちが原因?現在の様子は?

大月孝行とは光市母子殺害事件の犯人で、当時18歳であったことや残酷な殺害手口・屍姦という異常性から広く知られた人物です。また、父親の暴力を受け育ったことや精神年齢が幼さから議論が巻き起こるも、死刑判決が下されることに。今回は大月孝行の生い立ちや現在など紹介。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

大月孝行とは?光市母子殺害事件の犯人である元少年

guvo59 / Pixabay

性交趣意で接近しますが思うように進行せず、殺害し欲求のまま及びます。大月孝行は18歳でしたが、改心の見込みはないとし死の刑が科せられました。

同じ人間でありますが、養育される環境によっては悪人にもなりうる問題は、闇深く彼だけとは言い切れないものです。今後の我が国が明るい住みよい地となるために成す術とは何でしょうか?

Free-Photos / Pixabay

世帯ある数だけ、身上もライフスタイルも違うものであります。大月孝行の歩みについて熟考しましょう。

大月孝行の生い立ちは過酷?家庭状況や事件を起こすまでの経緯とは

Mediamodifier / Pixabay

日本中に恐怖を与えた極悪人でありましたが、なるべくして形成されたのでありません。精神年齢や犯行は、父の悪影響があると囁かれます。

成長過程で善から、かなり反れてしまった大月孝行という人間が出来上がるまでの生育を順番に追っていきます。

大月孝行の生い立ち①養子縁組前の名前は福田孝行

esudroff / Pixabay

生が芽吹いたときは、福田孝行です。留置中にキリスト教の牧師として活動する女性が養母となり大月孝行に変わっているのです。

今までになく生と向き合い、静かに懺悔をしています。近くにいてくれる存在次第で、別人のように変化を遂げるのであります。元の名を捨ててまで愛を手に入れたのです。

JillWellington / Pixabay

雪が少しずつ解けていくように鉛の心は血が通っていくのでした。元は純粋な心をもっており、さまざまなことを過敏に吸収するのでしょう。

大月孝行の生い立ち②父親からの家庭内暴力を受けて育った

johnhain / Pixabay

近年、行政が間に入ってくれたり、民間の助けを借りることが可能となりました。当時も、普及していて脱出することが出来たら負の連鎖を断ち切ることができずに、スパイラルを巡るのです。

代謝で傷は再生し完治しますが、心に深く刻まれた痛みは修復不可能でした。学校では明るい性格であったようです。

Anemone123 / Pixabay

苦しい胸の内を悟られないように仮面をつけて無理に取り繕って過ごしたことと思います。担任が些細な変化に気づき、何かのアクションをかけていたら、違った方向へ歩めたのでしょうか。

現代社会でも問題化されており、子供時代に深く傷を負った痛みは大人となってもフラッシュバックするように蘇り、道徳心が養われないのです。

大月孝行の生い立ち③中1の頃に母親が自殺!遺体の処理を任される

Alexas_Fotos / Pixabay

荒れた密室で暮らしていく中で、解放という自由を切に願った結果は、悪館から逃げだすことではなく、死世界でした。

大月孝行へ始末を申しつけます。生涯の伴侶に、別れの挨拶もなく息子へ託すのです。何の為に結婚をし家族を作ったのでしょうか。喜びも幸せも感じたことが一瞬でもあったと信じたいです。

geralt / Pixabay

予告もなく訪れた悲しみは、固く心臓をガードしていき感情に鍵を閉めていくのでした。天に召された後も涙一つみせず大月孝行は、命の重さが不透明になった根源ともいえるのです。

大月孝行の生い立ち④父親はフィリピン女性と再婚

NEXT 大月孝行の生い立ち④父親はフィリピン女性と再婚