バッカルコーンとは?クリオネの触手と捕食シーン!しょこたん語?

バッカルコーンとはクリオネの捕食用の触手を指し、餌を捕らえる姿は衝撃的だといわれています。この記事はバッカルコーンの意味や餌の捕食の仕方、動画などを交えて解説します。クリオネを見られる水族館や飼育方法としょこたん(中川翔子)語としての使い方も紹介します。

この記事をかいた人

バッカルコーンとは?クリオネの触手!

PexelsによるPixabayからの画像

バッカルコーンという言葉を聞いて何を思い浮かべますか?あまり聞き覚えのない言葉です。コーンと付いているのでトウモロコシの仲間でしょうか?もしくは何かの際に出る擬音を文字に起こしたものでしょうか。

言葉だけではいまいち何のことか想像出来ません。バッカルコーンが何のことを指すのか。動画も交えて紹介していきます。

バッカルコーンはクリオネの捕食用の触手!

Foundry CoによるPixabayからの画像

クリオネをご存知ですか?流氷の天使とも呼ばれ愛らしい見た目で一時期ちょっとしたブームにもなりました。食事シーンがショッキングなことでも有名です。

バッカルコーンはクリオネが捕食する時に使用する6本の触手のことです。バッカルコーンを使い触手を獲物に絡みつけて捕食します。

バッカルコーンはしょこたんが喜びを表現する言葉!

PexelsによるPixabayからの画像

バッカルコーンは前述どおりクリオネが捕食するときに使用する触手のことですがそうではない使い方をする人がいます。

しょこたん(中川翔子)がテレビやライブなどで喜びを表現するときに「バッカルコーン」と使用されています。

バッカルコーンを使った捕食の仕方・動画を紹介

sutuloによるPixabayからの画像

クリオネがどのようにバッカルコーンを使い捕食をするのでしょうか?バッカルコーンをどう使って捕食をするのでしょう。動画にて紹介していきます。

バッカルコーンで捕食する姿は悪魔!

動画いかがでしたでしょうか?獲物を触手で絡め捕食する様はまさに悪魔という言葉がふさわしいです。動画で泳いでるクリオネの可愛らしい姿からは想像はできません。

バッカルコーンを見られるのは年に1度あるかないか!

NIKI JIMによるPixabayからの画像

動画を見て分かるように捕食する際に使用する触手のことをバッカルコーンということはわかりましたね。ではクリオネはどれくらいの頻度で触手を使い捕食をするのでしょうか?

クリオネは年に1度しか捕食しないといわれています。クリオネの寿命は1~2ともいわれており個体によっては一生に1度だけという説もあります。まだあまり研究が進んでおらず謎に包まれた生物です。

バッカルコーンは捕食以外でも稀に見れる!

PDPicsによるPixabayからの画像

バッカルコーンが見れるのは捕食のときだけではありません。魚津水族館の飼育員が水槽を眺めているとき、捕食しているわけでもないのにバッカルコーンのを目撃したということをブログで報告しています。

魚津水族館公式ブログURL http://uozu-aquarium.jp/hitorigoto/archives/904

捕食以外でもバッカルコーン(触手)を出すことが確認されています。まだまだ分かってないことの多い謎に包まれた生き物です。

バッカルコーンを出すクリオネの生態を紹介!

Martin StrによるPixabayからの画像

クリオネの別名や英語名が何なのか?クリオネは何の生き物の仲間なのか?バッカルコーン(触手)の役割など。クリオネの生態について紹介していきます。

クリオネは「流氷の天使」!英語で「sea angel」とよばれる

NEXT クリオネは「流氷の天使」!英語で「sea angel」とよばれる