鈴木沙彩さんの生い立ち!三鷹ストーカー殺人事件のリベンジポルノの影響

拡散の理由③匿名掲示板2ちゃんねるへアップ 

Free-Photos / Pixabay

多くの目に渡るように時間を割いています。ネットに張り付いていたのでしょう。異質に歪んだ感情は、いつしか鈴木沙彩さんを攻撃するパワーへ変化します。

自分が惚れた彼女に対して、卑猥な行動を仕掛けることで池永被告の心はスッキリしたのでしょうか。罪悪感を感じずに、ただ鈴木沙彩さんを泣かせることに尽力注ぎます。

johnhain / Pixabay

姿を見ると、男女の仲は燃え上がるときと同じくらいに憎悪も湧き出るものだとうかがえるものです。彼女を好いた分だけアカウント数を増やし、炎上を狙うため多くのネット住人に見てもらえるようにしています。

拡散の理由④ツイッターでの拡散 

Free-Photos / Pixabay

ビジネス効果も挙がるといわれるサーバーで、悪用します。凄まじい威力を発揮して拡散されるので、虐待投稿し助けを求めた子供が助けられていたり、社会現象を起こしています。

着目し、同じ日にアカウントを複数作成し、憎しみの分だけアップするのです。気になったユーザーがリツイートすれば、さらなる拡散が期待できることを池永被告は計算済みでした。

Comfreak / Pixabay

収集不可能となってしまった背景は、池永被告の思惑通りだったのです。積極的につぶやくことで、ユーザーとの距離を縮めて絡み、拡がりやすい環境に手をつくしています。

陰湿ともとれる復讐劇は、留まることをしりません。

鈴木沙彩さんはなぜそもそも池永被告に画像を送ったのか?その背景とは

janeb13 / Pixabay

運命の出会いとは、ときに残酷な爪痕を残します。近所に住むカップルであったら騒動まで発展しなかったかもしれません。

青春時代を楽しむ若い恋人は、スマホを通してコミュニケーションをとるしかなかったのです。画像提供のハードルが低い間柄でありました。

鈴木沙彩さんが画像を送った理由①交際当時は遠距離恋愛だった 

KathrinPie / Pixabay

遠距離恋愛において画像を送って自分をアピールすることは、相手がとても喜ぶといわれます。すぐに会える環境でない分、現況を知れることは、やはり嬉しい報告なのです。

ちょっと行きすぎた画像も彼氏に頼まれたのなら、2人だけの秘密ならいいかなと断れず送ってしまった背景が見え隠れします。淡い恋を楽しむツールとしていたことがうかがえます。

鈴木沙彩さんが画像を送った理由②交際当時は2人の仲は順調だった

LeeLucy / Pixabay

カップルが記念撮影して思い出を残すことと同じような感覚で、悪用されるとは疑いもしなかったことです。良好な関係では、怪しい部分はさえも魅力に映ってしまうものです。

インスタで電子日記のように綴っては、夫婦記念日や交際している軌跡をアップし残すユーザーもいるので、鈴木沙彩さんも違和感なく、気軽に対応したようです。ネットが発達した現代故の問題ともとれます。

bertomic / Pixabay

やり取りをしていた当初は、仲が良くて、要望されたことも嫌な思いを感じないほど好いていたのかもしれません。恋は盲目なことがうかがい知れます。

NEXT 鈴木沙彩のリベンジポルノにネットでは厳しい声も…!