SOUL’d OUTの楽曲と解散の理由を紹介!ジョジョとの関係も!

SOUL’d OUTのメンバー3人を紹介!

rahu / Pixabay

それでは、SOUL`d OUTのメンバーについて順番に紹介していきます。

SOUL’d OUTのメンバー① Diggy-MO’(ディギー・モー)

肩書きはメインMCであり、楽曲によってはラップのみならず、歌唱も行うほか、作曲などもこなすグループにおけるセンター的存在です。ライブ中にピアノを弾いてみせることもあり、非常に多彩な才能を持っています。

キャップとブレイズアンドビーズという髪型がトレードマークとなっています。

SOUL’d OUTのメンバー②Bro.Hi(ブラザー・ハイ)

MC兼Human beat boxerであるBro.Hiは、高速ラップを得意としています。

当時はまだHuman beat box自体があまり浸透していなかったこともあり、彼の存在でHuman beat boxが幅広く認知されていったといっても過言ではありません。

ファンの間では、略称でブラハイと呼ばれることが多いです。

SOUL’d OUTのメンバー③Shinnosuke(シンノスケ)

端整な顔立ちのTrack makerであり、SOUL`d OUTの楽曲を手掛けており、メンバーから絶大な信頼のあるトラックを作り上げています。

歌詞の中では、親しみを込めて「シンちゃん」と呼ばれています。

この三名を合わせた形を歌詞の中でS.Oトライアングルと称し、けして崩れないものとして表現しています。

SOUL’d OUTデビューのきっかけは?

luciana_ferraz / Pixabay

鮮烈なデビューを果たしたSOUL`d OUTですが、インディーズ時代から既にその片鱗を見せていたようです。そんなSOUL`d OUTは、どのようにデビューしたのでしょうか。

m-floのVERBALによるスカウト

niekverlaan / Pixabay

元々、ソニーミュージックのオーディションでインディーズデビューを果たしていましたが、その後、m-floのVERBALがスカウトをおこなった事により、メジャーデビューへと至りました。

Diggy MO`はm-floの楽曲「DOPAMINE」でEMYLIとともに共演もしています。

SOUL’d OUTの交友関係は?

Bessi / Pixabay

m-floはもちろんのこと、2BACKKA、BENNIEKなどは、インディーズの頃からライブを共に行っていたという経緯もあり、特に仲の良い間柄とされています。

また、積極的に楽曲でのフューチャリングも行っている事から、幅広い交友関係を持っていると考えられます。

SOUL’d OUTが漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の映画主題歌として抜擢!

dbreen / Pixabay

様々なタイアップを行ったSOUL`d OUTですが、中でも「ジョジョの奇妙な冒険」の映画主題歌タイアップはそれぞれのファンを通して、大きな話題となりました。

NEXT SOUL’d OUTが担当した主題歌「VOODOO KINGDOM」