犯人がわかっている未解決事件6つ!捕まらない理由と闇が深い事件4つも!

犯人がわかっている未解決事件④足利事件

先述した犯人がわかっている未解決事件との関連も踏まえて、本件にも触れていきましょう。本案件も日本で起きた過去の事案の中で有名な犯人がわかっている未解決事件となります。

足利事件の概要

stokpic / Pixabay

上記の犯人がわかっている未解決事件である関東で起きた連続誘拐事件の一部でもある足利事件。しかし、概要を語るにはまずこの事件が一連のものだとは認識される前のことから語る必要があります。

本案件が発生したのは1990年5月、足利市のパチンコ店にて4歳の女児が誘拐される事態が発生しました。そして、その翌日女児は帰らぬ人となり河川敷で見つかります。

ibrahim62 / Pixabay

捜査では数人の目撃者の供述もあり、犯人特定にはそう時間はかからないと感じられましたが、しかし見つかったのは全くの無関係の男性で、逮捕することとなります。

目撃証言とは食い違うその男性を誤って逮捕することとなったのです。しかし、後の取り調べなどでは、強要自白を行わせ誤認逮捕となった男性が無期懲役の判決を受けることとなります。

Ichigo121212 / Pixabay

なぜ誤認逮捕のまま、無期懲役という判決が下るに至ったのか、その理由は先述でもふれたDNA鑑定などに原因があります。当時のDNA鑑定は正確な物とは言えず、別人でも一致する可能性があるというものでした。

そして案の定、その鑑定結果は間違いだったにも関わらず誤認逮捕した男性を犯人へと仕立て上げる証拠として扱われてしまったのです。しかし、最終的には警察も誤認逮捕であったことを認め、釈放されることとなります。

8385 / Pixabay

この男性が自白を強要された当時の行動もも目撃証言と異なる内容だったこともあり、すぐに再調査が行われ釈放される流れになったのです。しかし、犯人がわかっている未解決事件として、未だ真犯人は捕まっていません。

足利事件の犯人

MichaelGaida / Pixabay

今回の犯人がわかっている未解決事件、誰が一体犯人なのか。これは上記で触れたように一人のルパンと呼ばれる男性が犯人であることが分かっています。その理由もさきに説明した理由と共通します。

目撃証言を行った人たちの情報によると、その男性は足利事件以前に起きた北関東の連続誘拐事件の犯人と共通の背格好であることが分かっているのです。これはパチンコ店防犯ビデオからもわかっています。

qimono / Pixabay

また、そのルパンと呼ばれる人物が仮に犯人だった場合、彼の行動の特徴からも一致する点が沢山あるのです。例えば、彼の行動範囲がかつての栃木や群馬県の県境付近であることは完全に一致する点でした。

その他、インタビューではルパンに直接話を聞き、事件当時の様子から当時の暮らしにかんする情報なども効き、真犯人像と一致するポイントが多く挙げられたのです。

足利事件犯人断定の証拠

RyanMcGuire / Pixabay

ルパンという一人の男性が犯人として断定されたわけですが、なぜここまで特定に至ったのか、その証拠についても焦点を向けてみましょう。こちらも先述の証拠と重なる点があります。

決め手としては、インタビューの内容とそこで秘密裏に手に入れたDNAだったようです。記者が秘密裏に得たルパンのDNAを、自身でDNA鑑定に提出したところ、何と当時被害に会った女児の遺品に残ったDNAと一致したのです。

cocoparisienne / Pixabay

もちろん、ルパンが行う供述にも事件当時の物をうかがわせる内容のものがあります。これらの情報はあまりにも決定的な犯人特定へとつながる道です。断定に時間がかからないことは容易に想像がつくでしょう。

足利事件の犯人が逮捕されない理由

TheDigitalArtist / Pixabay

犯人がわかっている未解決事件と言いながらも、かなり有力といえるところまで犯人が分かっていることは判明しました。しかし、ではなぜ今なお犯人がわかっている未解決事件として扱われるのか。

その理由は、警察の威信を守るため、そして当時の捜査不手際が露見しないように警察が動いたためだといわれています。本来こういった記者による情報でも入れば、警察は正しい動きをするはずです。

pixel2013 / Pixabay

それがなかったのは、当時の警察の威信を守るためでした。誤認逮捕ならびにDNA鑑定の間違いは、科捜研の失態を認めることになります。冤罪で捕まった男性が釈放となるまでの間も、一向にこの失態を認めたくなかったのでしょう。

認めるわけにはいかなかったために、再捜査を行わなかったと考えられます。また、操作の不手際にも注目される理由です。足利事件は、先述したように北関東の連続誘拐事件とは一切関係ないと扱われていました。

AJEL / Pixabay

しかし、ここで同じ人物での犯行と扱われていさえすれば、真犯人の早期逮捕につながっていたかもしれませんし、その後に起きる北関東の5件目の事件も未然に防げた可能性もあります。

その失態や捜査の不手際を認めるわけにはいかない警察は、最後の手段として事項という手段を選ぶしかないのです。こういった事態を招いたために、犯人がわかっている未解決事件として迎えている可能性が疑われます。

NEXT 犯人がわかっている未解決事件⑤島根女子大生バラバラ殺人事件