リッチピアーナの死因はステロイド?トレーニングや5%の意味も解説

リッチピアーナの死因はステロイドにある?

qimono / Pixabay

リッチピアーナを調べると必ずと言っていいほど出てくるテーマがステロイドです。死因に関しては直接説明はされていませんが、いくつかの理由からスロイドが死因となったと考えられています。亡くなった時の状況とともに詳しくみていきます。

リッチピアーナは散髪中に倒れる

kaleido-dp / Pixabay

彼の人生の最後は突然訪れました。最後の彼女であるシャネルに髪を切ってもらっているときに倒れて意識をなくしました。救急車が到着するまでの間、心拍数が異常だったので彼女が心肺蘇生を続けます。

緊急搬送されるも二週間後に死亡

DerManuW / Pixabay

そのまま病院へ緊急搬送され心拍数も正常に戻りますが、脳に大きなダメージを受けました。彼は8月7日に運ばれこのまま2週間後の25日まで目を覚ますことなく、そのまま息を引き取りました。

リッチピアーナの心臓は2倍になっていた

sasint / Pixabay

リッチピアーナの遺体は解剖にまわされました。その際に心臓と肝臓が通常の成人男性の2倍以上の質量がありました。もともと体の大きいリッチピアーナですが、内臓にかなりの負担がかかっていたことがわかります。

リッチピアーナの死因はステロイド?

qimono / Pixabay

ステロイドの副作用として内臓が肥大することがあげられています。亡くなった時の内臓の大きさから死因はステロイドと推測されましたが、実際には内臓を分析することはなかったため、はっきりとした死因は発表されませんでした。

リッチピアーナには死の前兆もみられた

derneuemann / Pixabay

彼の死後、彼女で最後の瞬間に立ち会ったシャネルがインタビューに答えています。そこでは亡くなる前から呼吸がしずらかったり、吐き気を催す様子がみられていたとのことです。それが心肺停止が突然起きる前兆だったかもしれないと振り返っています。

リッチピアーナは過眠症も患っていた?

Free-Photos / Pixabay

さらに彼女の証言からリッチピアーナが過眠症を患っていたことがわかっています。過眠症とは不眠症の逆で十分な睡眠をとったにも関わらず眠気が続いて体がだるかったり、日中当然強い眠気に襲われる症状が出ます。この過眠症の原因は脳内の覚醒コントロールがうまくできていないことだとされています。

リッチピアーナのステロイド歴は?

Pexels / Pixabay

リッチピアーナとステロイドは切っても切り離すことのできないテーマです。彼はいつから使っていたのか、なぜ使い始めたのかについてみていきます。彼自身も危険性があることを知っていたとしてもまさかこんな風に命を奪われるとは想像していなかったでしょう。

NEXT ボディビルのコンテストのため使用を開始