ローション代わりの身近な代用品をご紹介!作り方や使用上の注意点も

ローション代わりに山芋も絶対ダメ!

sharonang / Pixabay

料理には使い勝手がよくとても美味しい山芋ですが代わりとして使うにはとても不向きで使えません。理由はお分かりと思いますが、山芋を塗ると痒くなり性行為どころではなくなるからです。

ローション代わりとして使ってはいけないものを紹介しましたが、人間の性欲とは恐ろしいもので時には命に関わる自慰行為を開発してしまうこともあります。とんでもない一人エッチに関する記事はこちらをお読みください。

ローションは自作できる!作り方をご紹介!

LadyBB / Pixabay

ローション代わりになるものを説明しましたが、中には手作りが必要な代わりのアイテムもあります。今回は代わりのローションの作り方を料理を普段しない方でも作れるように丁寧に解説していきます。

小麦粉や片栗粉で自作ローション

Bru-nO / Pixabay

小麦粉と片栗粉は安価でお菓子作りやパン作りに使うことができ、手軽に炭水化物が取れることでとても人気がありますがローション代わりになることでも有名です。料理し慣れていないと抵抗があるかもしれませんが意外です。

水100mlに対し小匙1(5グラム)を混ぜて沸騰させてかき混ぜ、とろみをつけるのみです。これは片栗粉でも小麦粉でも過程と配分は変わることはない共通の作り方で程よいぬるぬるが出来ます。

Alexas_Fotos / Pixabay

アダルトアイテムを料理用の鍋で作ることに抵抗を感じるかもしれませんが片栗粉と小麦粉がそもそも料理に使うものなので問題はありません。とても簡単に作ることが出来て注意点は焦がさないようにすることのみです。

片栗粉と小麦粉は食べても問題ないのでもちろん肌に塗ってローション代わりにしても全く問題はありませんが、食材を使っているのであまり長持ちはしないので一回で使い切れる量で作るようにしましょう。

化粧水で自作ローション

silviarita / Pixabay

こちらは男性の家にはあまりないものかもしれませんが火を使うことなく先ほどの片栗粉と小麦粉を使うよりも簡単に代わりの品を作ることが出来ます。そして他の代わりのものより匂いがよく女性からしたらとても嬉しいでしょう。

作り方はとても簡単で美容液4:化粧水1をボトルに入れて振るだけです。例えば、200mlのローション代わりを作りたいのであれば美容液は160mlで化粧水は40mlで代わりのアイテムを作ることが出来ます。

TerriC / Pixabay

女性目線で言うと代わりの中でもこちらがダントツでオススメになります。肌に優しく潤いを与えながら気分を盛り上げることが出来る本物に劣らないほどの代わりの品です。

やはり本物と比べると多少粘度は負けてしまいますが、それでも代わりの物の中ではコスパ・使用感・終わった後の感覚・手軽さなどの満足度が平均的に高くなっています。

ポリアクリル酸ナトリウムで自作ローション

ポリアクリル酸ナトリウム 300g【食品添加物】

Amazonで見る

ポリアクリル酸ナトリウムのいう普段なかなか聞かないような物質を使っても代わりの品を作ることが出来ますが、こちらはローション自体に含まれている成分なので代わりの品というよりは本物のローション作りといった方が正しいです。

そもそも普通にお店で見かけることがないのでネット通販で購入することになります。その手間を考えると代わりのアイテムとしては他の代わりの品と比べると不便であり、普通にローションを買った方が早いでしょう。

jarmoluk / Pixabay

こちらも他の代わりのものと変わらず水と混ぜて作るもので作り方自体はとても簡単です。ポリアクリル酸ナトリウム1:水9からポリアクリル酸ナトリウム1:水99と幅広く粘度の調節が可能です。

1:9の割合ですとかなり粘度が濃いためベトベトしてし、1:99だとかなりサラサラで代わりとしてはかなり物足りなくなってしまいます。1:25〜1:35くらいが程よいぬるぬるで代わりにちょうど良い程度でしょう。

NEXT CMCで自作ローション