ブルーボトルのあいつとは誰?意識高い系の男のツイートが日本展開を潰した?

ハーゲンダッツ

silviarita / Pixabay

スーパーやコンビニで様々なフレーバーアイスを展開するちょっとリッチなアイスといえばハーゲンダッツです。実は日本で直営店を開いていましたが、撤退することになり、「あのハーゲンダッツがなぜ。。。」と多くの悲しみの声が広がりました。

失敗の原因

Ben_Kerckx / Pixabay

撤退の理由として公開されているのが「日本でのブランド認知が広がり、目的を達成したため」としていますが、実は様々な説が考察されています。それが利益率の悪化です。人件費がだんだんと上がり、利益率の大きな下落に影響したと言われています。既にハーゲンダッツに対しては知名度も上がっていたため、人件費のかからないスーパーやコンビニに卸す方が直営店を経営していくよりも効率的、と考えられ撤退をする運びとなりました。

ブルーボトルのあいつには不思議な魅力がある

Skitterphoto / Pixabay

「ブルーボトルのあいつ」と呼ばれる松村太郎さんの呟きは何気ないつぶやきなはずでした。短い文章に込められた意識が高いその完成度から注目されてしまいました。他のお客さんやブルーボトルが気になる人にとっては、「自分もブルーボトルのように思われてしまう」と、悪く捉えてしまう人も、逆に称賛して良いと捉えた人もいます。様々な人に強い印象を与え、不思議な魅力が感じられます。いろいろな意味でこのツイートは名文だったのではないでしょうか?

マキネッタで味わうコーヒーに関する記事はこちら

意識高い系が足しげく通うというスターバックスに関する記事はこちら