ゲシュタルト崩壊とは?意味や原因、治し方を解説!顔にも起こる?

韓国語

韓国語に使われるハングル文字は韓国語に堪能な方ならいざ知らず、その文字の形からゲシュタルト崩壊と似たような空目から起きる現象であるとされています。日本語に慣れ親しんだ我々日本人には韓国語の使い方や意味よりもハングル語の形が崩れるだけになってしまうかも知れませんね。

「志布志市志布志町志布志」という文字

鹿児島県に実在する志布志市の大字の地名です。キャッチフレーズは「”志”あふれるまち志布志市」であり由来は天智天皇に帰するものだそうです。特に志布志市にある志布志市役所志布志支所の住民異動届の記入例が非常にややこしいと噂になっています。荷物や手紙を発送する時や宅配業者や郵便屋さんもご苦労さまです。

ゲシュタルト崩壊してしまった時の治し方

Greyerbaby / Pixabay

全体が把握できなくなり文字や顔が認識できなくなってしまうゲシュタルト崩壊と言う現象ですが、世間では都市伝説よろしく怖いものや恐ろしいものとして面白半分に煽る情報が闊歩していますが、これは病気ではなく精神に異常をきたすものでもありません。それこそ病気ではないので治療法もありませんが防ぐ方法があるのでご紹介します。

違和感を感じたらひとまず休む

5688709 / Pixabay

ゲシュタルト崩壊は文字などを注視する事によって起こる一時的な現象です。違和感を感じたら休憩するなどして目を休めたり他の事をしてみたり、注視する事から離れる事で収まるので安心してください。何度か繰り返してみても中々馴れないのが不思議な現象です。

同じ文字や物をあまり注視しないようにする

Pexels / Pixabay

一点に集中し注視し続ける事によって起こるゲシュタルト崩壊は、時には運転中など危険を孕んだ状態に陥る場合もあります。運転中に直線道路を走行し吸い込まれるような感覚になったり、アクセルとブレーキの使い方が曖昧になって踏み間違いそうになったり、一歩間違うと大事故に発展する恐れがあります。

運転中に少しでも違和感を感じたら周囲の風景に目をやったり、メーター類を見るなり一点のものに集中しないようにしましょう。特に夜間など高速道路でテールランプを注視して距離感が掴めなくなったら早めにS.Aで休憩を取ってください。命あっての物種です。

リラックスして精神を落ち着かせる

ardoramanda / Pixabay

集中すると注視してしまいがちですが、あまりに集中しすぎると脳の処理速度が視覚や知覚の情報についていかず、混乱し誤った判断を下してしまいます。一旦目を休めるだけでも収まるので、リラックスして休憩を適度に取りながら物事を進めましょう。リラックスと言えばちょうど良いチェアがあるのでご紹介しておきましょう。

「ゲシュタルト崩壊」という言葉の使い方と使用例

Myriams-Fotos / Pixabay

ご認識されている場合も多いゲシュタルト崩壊と言う言葉の使い方と使い所の使用例をご紹介します。使い方を誤ってしまうと知ったかぶりになってしまうので、意味を理解して正しい使い方をしてくださいね。

「ゲシュタルト崩壊」の使い方

Free-Photos / Pixabay

基本的な使い方としての意味は、ずっと同じ事をし続けて感覚が掴めなくなり全体が認識できなくなり個々までもが崩壊し始めてきた時などや、メンタルのバランスが崩れて思考のまとまりがつかなくなってきた時などにも使います。

NEXT 「ゲシュタルト崩壊」の使用例