外道の定番スズメダイ!食べてみたら意外と美味しい魚かも?

福岡では郷土料理にもなっている

特に福岡では「あぶってかも」という干物の郷土料理があります。また、旬の時期では高級料亭で出されるほどの高級魚となっています。しかし、そんな福岡でも狙って獲っているのではなく、定置網漁などで他の魚に混じって捕まったものが多いようです。

大阪では韓国系の人が食べている

主に韓国系の人々が好んで食べるようです。その理由は韓国では普通によく食べる魚だからです。そのため大阪では韓国系の人達が多く住んでいるので、母国料理として消費されているのが実情のようです。

スズメダイは美味しい?

実は美味しい魚なんです

この魚は食べることができる身の部分が少ないですが、脂が強くて濃厚な旨みがあります。他の魚と同じように煮て良し、焼いて良し、刺身でも良しと、いろいろな食べ方が楽しめます。食材としての知名度の低さもあり、捌き方や食べ方、どんな料理があるかも知られていませんが、食べるととても美味しい魚であることは間違いありません。

スズメダイの食べ方

レシピは少ないけどちゃんとあります

この魚の料理方法を調べてみると、クックパッドなどの料理レシピのサイトでもわずか数品しか載っていません。しかし他の魚と同じように、刺身、煮る、焼くなどちゃんと料理方法はあります。いくつかの料理を紹介します。

捌き方

捌く時は、全てのヒレを切ってからウロコを落としたあとに頭とお腹をの部分を落とします。先にヒレを切るのは、鋭いヒレで手をケガすることを防ぐためです。この魚は骨もヒレもウロコも硬いので捌く時はケガをしないようにしましょう。

スズメダイの代表的な食べ方「あぶってかも」

シンプルだけど美味しい

福岡の郷土料理「あぶってかも」。旬の脂ののったスズメダイを洗い、塩を振って丸ごと焼くだけのシンプルな料理です。少し強めに塩を振って冷蔵庫で1~2日寝かせておくと良いです。また、半日ほど天日干しすると余分な水分が抜けて旨みが凝縮されます。

名前の由来は、焼くと鴨の味がするので「あぶって鴨」の意味だといわれています。また他にも「炙って噛も」との意味もあるそうです。「あぶってかも」は高級料亭でも出されることから、食通に愛されるほどの料理です。

スズメダイの煮付け

魚料理の定番

魚料理の定番である煮付けにします。特に旬を過ぎてしまったものは煮付けにすると美味しいです。白身で旨みがあり、ほどよく繊維質でしっとりしています。ただし、小骨が堅いので食べるときに気をつけましょう。

スズメダイのせごし

NEXT 新鮮ならやっぱり生で食べたい