外道の定番スズメダイ!食べてみたら意外と美味しい魚かも?

新鮮ならやっぱり生で食べたい

鮮度が良いものであれば、脂がのっていて生でも食べられます。普通の刺身みたいに切るのではなく「せごし」にするのがおすすめです。「せごし」とは中骨を切るように包丁を入れる切り方です。ようするに薄いぶつ切りのこと。皮と中骨ごと2mm~3mmの厚さで薄く輪切りにする感じです。こうすることで小骨もそのまま食べることができます。

スズメダイのチャリフェ

韓国では定番の家庭料理

韓国では「チャリフェ」で食べるのが有名です。大阪の韓国系の人もそうして食べています。簡単に言うとせごしに唐辛子に酢味噌を和えたひと手間かけて味付けをした料理です。一晩寝かせるといっそう美味しくなるそうです。

スズメダイの唐揚げ

お手軽に食べるなら

手軽に作れる唐揚げですが丸揚げにすると硬いヒレで食べにくいので、捌いてから揚げます。小さいものならば開きにするだけでよいですが、大きいものは開いて中骨を取ったり三枚に下ろした方が食感が良くなります。

スズメダイの南蛮漬け

さっぱりと食べられる

他の魚と同じように南蛮漬けにすることもできます。捌いて開きや三枚おろしにしたものや、丸ごと素揚げ、もしくは素焼きにしてたまねぎ、にんじん、ピーマンなどの野菜と砂糖、醤油、酢などの合わせ調味液に漬け込みます。やはり食べるときは小骨に注意が必要です。

スズメダイの料理方法はまだまだある

料理方法は先程紹介したものだけでなく、まだまだあります。例えば、アラ汁や雑魚鍋にすると旨みがたくさん出て美味しいです。他にもマリネやオリーブ煮など、ちょっとしたオシャレ料理にもなります。工夫することでいろいろな料理を楽しめます。

まとめ

スズメダイは釣ってすぐ海に帰されることが多いので、あまり食べられることのない魚ですが、食べてみると以外と美味しいということを紹介しました。体が小さくて料理するのに手間がかかるのと、食べるときの骨の硬さが厄介な魚なので敬遠されていたのでしょう。

ここで紹介した料理方法でいくらでも美味しく食べることができる魚です。特に旬の時期には高級魚といわれるくらい脂がのってとても美味しいです。いままで釣っても持ち帰ったことがないというのであれば、すごくもったいないです。一度持ち帰って食べてみてはいかがでしょうか?