フェスティバルゲートの現在の姿は?廃業の経緯や心霊の噂など紹介

閉鎖の原因その⑤USJの開園や少子化の煽りを受けた?

Free-Photos / Pixabay

廃業に追い詰められた一番の原因はもしかしたら01年に、現在でも人気のアミューズメントパークのUSJが開業したことだったかもしれません。

さらに少子化で追い討ちをかけられ、フェスティバルゲートがメインでターゲットにしていた層の来客が見込めなくなり、急激に衰退したのかもしれません。

フェスティバルゲート跡地に建つ予定だった施設案は?

whitesession / Pixabay

廃業後、フェスティバルゲート跡地の再計画には数々の企画が立案されました。こちらではその内容をまとめました。

スポーツアミューズメント施設「ツーテンゲート」

sharonang / Pixabay

この施設は主にボーリング場をメインにした二階建ての施設で、総事業費は55億円でした。当初は2013年までに開業を目指しました。

韓流ブームに乗った「韓流テーマパーク」

8minwoo / Pixabay

その後、2013年に韓流ブームに則って、「韓流テーマパーク」たるものも計画されましたが、日韓の関係悪化によりこれも断念されました。

マルハンは業界最大手

MichaelGaida / Pixabay

フェスティバルゲートが廃業後、廃墟化した広大な土地を買い取ったのはアミューズメント系の総合企業であるマルハンでした。

マルハンは主にパチンコ店の他、ボーリング場や映画館も経営していることから、その跡地を買い取って再計画をしていると聞いた当時の周辺住人は随分期待した事でしょう。

マルハン側で色んな企画は出されましたが、結局複合施設は再建されず、パチンコ店になりましたが人気は現在でも継続中です。

NEXT フェスティバルゲートは現在どうなっている?