キッチンドランカーとは?原因・症状・予防法まとめ!チェックリストも

キッチンドランカーの人のブログとは

「キッチンドランカー」と名乗り楽しくTwitterやブログをされている人もいれば、深刻にアルコール依存症と向き合っている人たちのグループもあります。

ネット上では本来の言葉の定義が曖昧となっているのが現状です。

料理レシピを紹介している「キッチンドランカー」の人のTwitter・ブログ

このようにTwitterやブログでキッチンドランカーと名乗り、レシピをアップしている人も大勢います。「キッチンドランカーの会」といった名称の料理教室の告知も多くされています。

こういった場合のキッチンドランカーは本来の意味ではなく楽しいイメージです。

真剣にアルコール依存症と向き合っている人のTwitter・ブログ

本来はアルコール依存的な病状をキッチンドランカーは指します。しかし、深刻になるとそちらではなく、アルコール依存症という言葉を使う人が多いです。

ネット上やブログでも、飲酒者ご本人やそのご家族、ケアワーカーとコンタクトが取れる機会が増えました。

ブログなどを上手に使えば、以前より孤独を味合わずに治療に取り組める可能性があります。

キッチンドランカーとアニマルセラピー

新しい試みとして、キッチンドランカーなどの依存症の人へのアニマルセラピーも始まっています。間に動物が入ることにより、人間だけのセラピーとはまた違った効果が見られています。

また少しキッチンドランカーの症状が改善したタイミングでご家族と飲酒者が動物の飼育を始めた場合、生活が規則的になりより良い方向へ向かう人も多いようです。

ただ日本ではまだまだアニマルセラピーは普及しておらず専門機関も少ないのが現状です。

飲酒は悪ではない!キッチンドランカーもほどほどに

Free-Photos / Pixabay

キッチンドランカーの言葉の意味や背景について見てきました。キッチンドランカーは台所で隠れて飲む女性のことでしたが、現在は家事全般をしながら飲む人々のことをいいます。

SNS上ではキッチンドランカーは楽しく料理をしながら台所に立っている人という意味でも使われており、良いイメージを持っています。

bridgesward / Pixabay

このように気軽に「キッチンドランカー」とつぶやいている人を見ると、つい気楽に飲酒に手を出してしまいそうになります。それはそれでたまには良いでしょう。

しかし、お酒はほどほどが一番です。また台所で飲むのも良いですが、やはり気の合う仲間やリラックスできる環境で飲むのがストレスには良いでしょう。適量を把握し、楽しむことが大切です。

趣味を見つけたいならこちらの記事

外での気晴らしキャンプに関する記事はこちら