瓜田純士の現在は?嫁とラブラブでYouTuberに?小指を食いちぎった伝説の真相も

織田信長

WikiImages / Pixabay

その有名な武将とは、戦国時代から安土桃山時代に、名を馳せた戦国大名の「織田信長」だったのです。

「鳴かぬならなら殺してしまえホトトギス」という俳句で、その意から人柄を伺える通り、冷酷で手段をいとわない人物と周知されていますが、瓜田純士も1人のヤクザであったときは、同様の精神を有していたかもしれません。

またどことなく、顔立ちも系統が同じような感じがしますが、末裔であると言う明白なソースはなく、本人が自称しているだけなので、その真実は定かではありません。

瓜田純士の今後の活躍も要チェック!

ilovetattoos / Pixabay

今回の記事では、父親が伝説の暴力団の総長であり、生まれた時からワルとしての道が決まっていたような、アウトローのカリスマ、無数のタトゥーが刻まれた「瓜田純士」をクローズアップして、徹底的にご紹介していきました。

中学時代につるんでいた悪友が、後の関東連合の重要人物であり、その組織と関係性や事件、騒動についても触れてお話ししました。指を食いちぎった伝説、「ぱねぇ」という言葉を生み流行らした人物、なども有名なアウトローです。

近年は、その意外な才能を開花させて作家として、沢山の本を出版しており、その文才を活かして映画を製作したり、ラッパーとしても活動を始めました。格闘家としても復帰を果たしたので、多才な瓜田純士の今後の活躍には目が離せません。

石元太一に関する記事はこちら

金村剛弘に関する記事はこちら