アンニュイ先輩とは?元ネタから柴犬やサーバルなどの派生ネタなど紹介

最初に見つかったのは「真夏の夜の淫夢」

Pexels / Pixabay

野獣先輩が初めて登場したのは、2001年7月発売の「真夏の夜の淫夢」第4章です。野獣先輩とニックネームがついたのも、第4章のタイトルが「昏睡レイプ!野獣と化した先輩!」だったことからきています。

次に見つかったのは、1999年7月発売の「誘惑のラビリンス」で、その後で「ブッチッパ」で話題になったのが「ザ・フェチ vol3」で、発売日は1999年9月です。

以外にも淫夢作品の後期になるのが、アンニュイ先輩が誕生した2002年7月発売の「Discovery第6号」と2002年12月発売の「Discovery第10号」です。

人気ゲームが野獣先輩のMAD動画で風評被害に?

geralt / Pixabay

風評被害を受けたのは、小池百合子やサーバルちゃんだけではありませんでした。被害者の一人となってしまったあの人気ゲームをご紹介します。

ツムツムと化した先輩

大人気のスマホゲーム「ツムツム」のプレイ動画を使ったMAD動画です。ツムツムは、自分のセットしたキャラクターが丸いピースとなって降ってくるので、それを指でなぞって消していくのが醍醐味です。

しかし、ディズニーの「野獣」がうまく野獣先輩にすり替わっており、それが何とも気持ち悪く、淫夢作品のセリフなどもうまく差し込まれています。面白い動画ですが、ディズニーからすると迷惑でしかありません。

アンニュイ先輩は倦怠感漂う先輩のことだった!

RobinHiggins / Pixabay

いかがでしたでしょうか?アンニュイ先輩は悲壮感と倦怠感が漂う野獣先輩の表情のひとつであることを説明しました。その他にもアンニュイ先輩の派生形や違った表情をご紹介できたと思います。

上で説明した使い方を参考に、ぜひマンネリ化した友達とのやり取り等で使って頂きたいです。

ブッチッパに関する記事はこちら

オォンアォンに関する記事はこちら