ブランケット症候群とは?大人もなる?症状や原因、対処法など紹介!

診断項目からブランケット症候群かどうか確認!

kaboompics / Pixabay

当てはまったのが3つまでの人なら心配いりません。

6つまでの人は普通といえますが、ケースは0ではありません。

9つまではケースが高いといえます。10つでしたら非常にケースは高くなります。一度お近くの専門の医療機関を訪ねてみてください。

ブランケット症候群の原因とは?

ijmaki / Pixabay

特別な何かが無いとどうしようもない、不安になる症状がでる、ブランケット症候群の原因とは一体何なのでしょうか?

広く言えばこの症状の原因は心の安らぎ、すなわち安心を欲するためです。つまり厳密に言えば原因は1つだけではなく、あらゆることが原因になるので複数存在するわけです。

こちらでその気になる原因をピックアップして解説していきます。

ブランケット症候群の原因①愛情不足

Pexels / Pixabay

幼少期や生まれたばかりの赤ちゃんのときなどに、両親、特に母親から真っ当な愛を受けてこなかった場合、原因になることがあります。

愛が無いということは心が安らがないのです。生まれて間もないころの方がより愛に飢えており、愛情や安心を欲しているのです。

ブランケット症候群の原因②過度なストレス

StockSnap / Pixabay

日常生活の中で大きなフラストレーションを感じてしまい、精神やメンタルに過度にダメージを負うとブランケット症候群に陥ってしまうケースがあります。

ブランケット症候群の原因③自立の家庭や環境の変化でも起きる

Free-Photos / Pixabay

新生活を始める大学生や初めて社会人として働いて、実家から心機一転新しい環境で一人暮らしを始めるといった、自立するシーンではこれまでに経験しなかった色々な支障や不安が連続します。

そういった自立するシーン、身の回りの環境の変化などがキッカケとなることもあります。

ブランケット症候群の原因④一度治ってもぶり返す可能性も

Seaq68 / Pixabay

過去にブランケット症候群だった方など、一度患い克服した方は、成長して時が経った後でもぶり返す事もあります。

見た目や外見が変わらず、身体的に成長がパタリと止まってしまうといった、映画の中のような数奇な現象が起きてしまう「ハイランダー症候群」について気になる方や興味のある方はこちらです。

ブランケット症候群の子供への対処法とは?

sathyatripodi / Pixabay

大切な愛する我が子が、ブランケット症候群と思われる症状が表れた時など、どう接してあげればよいのか?

こちらではそんな時のために対処法を分かり易くレクチャーしていきます。よく理解し知識として得ておくと良いでしょう。

ブランケット症候群を無理に治療するのは危険!

慌てたり、はやく治せさなきゃと思って、無理やりだったり早期に治そうとするのは危険です。したがって誤った行動なのです。

特別なモノを取り上げたり、排除すると、心のよりどころ・安らぎを奪ってしまうので、かえって心に大きな傷やダメージを与えてしまい、様々な精神疾患を引き起こしてしまうのです。

ハンドタオル・お守りなどに加工することもおすすめ

正しい対処法としては、特別な何かがもし加工できるのなら、上記に挙げたようなモノに変化させて、持ち歩いても日常生活の支障を小さくさせると対処法に繋がるでしょう。

NEXT ブランケット症候群になった理由を考えるのが大切!