ウミケムシって何?その生態や特徴、刺された時の対処法までをご紹介

生息地

ウミケムシは日本では本州中部以南、海外だと太平洋南西部、インド洋に多く見られます。ウミケムシは、比較的暖かい海が好きで、京都府の宮津湾辺りにも多く見られるのですが、最近では、温暖化の影響もあり、山形県で発見された例もあると言われています。

ウミケムシは、温暖化の影響で、多く目撃されるようになってきたわけですが、年々、温暖化が肌で分かる変化として感じられるほどに進んでいるので、これからもっと、ウミケムシの住む生息地域は、広がっていくのではないかと思われます。

ウミケムシの活動の仕方

ウミケムシは、夜行性で、基本普段昼間の時間帯などは、海底の砂の中や石の陰に身を隠して生活をしていますが、エサを見つけたら、砂の中からでも顔は覗かせているので、飛び出してエサを捉えます。また、夜になると活発になって動き出します。スピードは、ゴカイよりもかなり速いスピードで泳ぎます。

ウミケムシが食べるもの

ウミケムシは仲間をたべてしまう?!

ウミケムシは、肉食で主に食べるのは、ゴカイだそうです。ウミケムシは、種類で言えば、ゴカイの仲間なのにも関わらず、ゴカイを食べるという、何とも奇妙な生き物です。本当に仲間なのか、疑問に思うくらいです。ウミケムシの種類にもよりますが、ゴカイとウミケムシは、同じくらいの大きさなので、自分と同じくらいの獲物を捕らえるということは、それだけ口や、体全体の吸引力と力がゴカイよりは上だというわけです。

ウミケムシは言いようによってはお掃除係

また、食べるのは、ゴカイのみには止まらず、釣りの定番エサとしても知られる、エビのような形態の小さいオキアミや小魚はペロリと一瞬で丸飲みしてしまう早さで食してしまいます。
砂中のデトリタス(生物の死骸や排泄物)や食べ残しも食べ、砂中の病原菌を駆除してくれるので、水槽で生物を飼う際にも、上手く付き合っていけば、とてもいい役割をしてくれます。

ウミケムシの天敵

毒よりも勝る強い生き物

毒を持っているウミケムシですが、ウミケムシは意外と天敵は多く、だからこそ、毒で身を守る必要があり、毒を持っているのかもしれません。エビやカニなどの甲殻類が、代表的なウミケムシの天敵に当たります。中でもよく耳にするのが、アロークラブです。

アロークラブは、性質が荒いので、同種間では激しく争うようですが、食としているのは、ウミケムシのようです。

オキアミも、エビの形態ではあるけれども、オキアミはウミケムシが食べれてしまうので、甲殻類でも、体の大きさや力の強さがこの肉食の世界には大きく関係していそうです。

同じくらい大きくてもウミケムシに勝つ魚

また、他にも天敵としてあげられるのが、ベラなどの魚です。あっさりと食べられてしまうようですが、ベラは、種類も豊富で、ウミケムシと同じ10cmくらいのもいるので、もしかすると、勝率の見込みは、種類によっては五分五分といったところでしょう。

海中以外にも天敵

ウミケムシの天敵は、海中だけではありません。陸にも天敵はいます。昼間は石に隠れて生活もするウミケムシなので、海の引き潮の関係で、石に張り付き、そのまま逃げ遅れてしまえぼ、襲ってくれと言っているようなものです。その隙に鳥が現れればひとたまりもありません。すぐに餌食となり一瞬で捕らわれてしまいます。

この外での天敵は、海以上に360度逃げ場を失っているのですから、他の虫に比べると、天敵はかなり多く存在することになります。

NEXT ウミケムシの体毛のもう一つの役割