シンプルながら大活躍!チチワ結びを完全マスター!

チチワ結びを用いたサルカンの付け方

実際にチチワ結びができました。今度はチチワ結びを使って道糸へのサルカンの付け方を紹介します。サルカンと道糸を繋ぐことができれば市販の仕掛けのほとんど全てを道糸と結ぶことができます。初心者でもこの結び方をマスターしておけば、釣り場で困ることはありません。

サルカンとチチワ結びした道糸を準備します。

サルカンの穴に道糸のチチワ結びした方を通します。

チチワ結びした後の内側の輪にサルカンを通します

 

道糸とサルカンを引っ張れば完成です。

サルカンを外したいときは小さい輪の方を引けば簡単に外れます。

チチワ結びを用いたハリスの付け方

続いてはハリスの付け方を解説します。万能なチチワ結びを用いることで、本来、非常に面倒な道糸とハリスの接続を簡単に行うことができます。

はじめにハリス側でチチワ結びを作ります。

ハリスを道糸の大きい輪に通します。

針をハリスの大きい輪に通します。

両方の糸を引っ張れば完成です。小さい方の輪を引っ張れば簡単に外れます。

チチワ結びを用いたルアーの付け方

チチワ結びを用いたルアーの付け方を紹介します。一回の釣行でルアーは頻繁に交換するため、簡単に付け外しできるチチワ結びは非常に重宝します。糸を切らずに簡単に外すこともできるので糸の節約にもなります。

チチワ結びした道糸をルアーに通します。

チチワ結びの大き方の輪にルアーを通します。

道糸とルアーを引けば完成です。

ルアーを外すときは小さい方の輪を引っ張れば簡単に外れます。

NEXT チチワ結びで延べ竿とつなぐ