キャンプ・アウトドアでのコーヒーの淹れ方&道具解説!最高の一杯を味わおう!

ケトル、コーヒーミル、

その他には、ケトルとコーヒーミルでコーヒーを作ることもできるので、この方法で作りたい方は必要になりますね。特にケトルは、お湯を沸かすための道具なので、必ず必要ですよ。コーヒーミルは、本格的な味を楽しみたい方には、とてもおすすめ!飲む直前にコーヒー豆を挽くと最高です。

キャンプでコーヒーを淹れる時のおすすめ道具①パーコレーター

スノーピーク ステンレスパーコレーター6カップ

おすすめのパーコレーターをご紹介しますが、今回おすすめするのは、スノーピークのパーコレーターです。スノーピークもアウトドア用品が揃っていて、いい製品ばかりです。こちらのパーコレーターもとても優れていて、1つ持っていれば、役立つこと間違いなしですよ。

キャプテンスタッグ 18-8ステンレス製パーコレーター3カップ M-1225

出典:楽天

キャプテンスタッグのステンレス製パーコレーターです。キャプテンスタッグは、やはりアウトドア時には大活躍しますよね。このパーコレーターは、390gと軽量で、一度に約3杯分のコーヒーが作れます。外側にあるんメモリが分かりやすくていいですね。

ポーレックス コーヒーミルミニ

続いてご紹介するおすすめの道具は、ポーレックスのコーヒーミルです。このコーヒーミルは、名前の通りミニサイズなので、持ち運びに便利で、まさにアウトドア向け。重量が235g、サイズが直径5×高さ17cmとやはりいいサイズ感です。一度に約二杯分の豆が挽けて、掃除も簡単にできるのでおすすめです。

キャンプでコーヒーを淹れる時のおすすめ道具②ドリッパー

ミュニーク テトラドリップ02S

厚さが3mmしかないドリッパーなのですが、3つ組み合わせることによって、あっという間にドリッパーに変身します。なので、片付けも簡単で、場所をとらないのでおすすめですよ。40gという軽さも魅力的ですし、ステンレス製でデザインも素敵なドリッパーです。

カリタ ニューカントリー102

また、カリタのニューカントリー102もドリッパーとしておすすめできます。上段がシャワー、ポットになり、下段がサーバーとなります。その間にドリッパーを設置するのですが、抽出時間はわずか3分ほどで、とても早く量も多く作れるので、大人数向けでもありますよ。

キャンプでコーヒーを淹れる時のおすすめ道具③ケトル

ユニフレーム キャンプケトル 1.6L

キャンプなどのアウトドアで使用する時におすすめのケトルは、ユニフレームのキャンプケトルです。なんと1.6リットルも入る大容量型で、一気にお湯を沸かせるのがいいですよね。そして、お湯を注いでいる時には、蓋が外れないようになっているのですが、洗う時には簡単に外れて洗いやすくなっています。

このケトルの重さは600gほどで、そこまで重たくもないですし、注ぎ口には虫などが入ってこないための蓋もついているので、衛生的にも安心できますよ。使い古した後のケトルも見た目がカッコよく見え、長く使えるのも魅力的です。

NEXT キャンプでおすすめのコーヒーカップ!