赤久縄で大物を狙え!大型トラウトのおすすめタックルや釣れる魚をご紹介

シマノリール

出典:Amazon

シマノリールは釣り人のファンが多く、耐久性にも定評がありメンテナンスが簡単なアイテムです。トラブルなく、飛距離をのばすということを目的としているため、険しい渓流にも対応でき、また初心者にもおすすめな商品です。

アブガルシア

出典:Amazon

スムーズなリーリングとオシャレなフォルムで多くの釣り人から愛されています。巻き心地も非常になめらかであり、少しの重量感が好まれています。また、ラインが偏ることから出る糸だまりを防ぐことが可能なリールです。

大型トラウトの釣り方のコツ

おすすめルアーはスプーン

ルアー釣りの元祖は「スプーン」だと言われており、「ミノー」よりも釣れる確率が高い傾向があると言われています。また、魚に見つけさせるために色は膨張色のイエローや、レッドなど目立つ色が適しており、サイズは大きめのものが好まれます。

超遠投する

池の真ん中のルアーが届かない所には、やはり魚が多く集まり、トラウトや大きな魚が釣れる可能性が高いです。また、その魚はどんなルアーにも食いついてくる傾向があるためどんどん狙っていきましょう。

水面で釣る

基本的に養殖トラウトはペレットで養殖されています。ペレットは上からまかれるため、食う気のあるトラウトは水面に意識がいき、上からくるものには敏感に反応するので、釣れる確率も高くなります。

赤久縄で釣れる魚

マス(トラウト)

赤久縄ではマス(トラウト)が釣れます。英名では「マス」のことを「トラウト」と呼びます。マスは様々な調理法で食べられる美味しい魚で、空揚げや南蛮漬けなどがメジャーな調理方法です。もちろんシンプルに塩焼きで食べるのも絶品です。

ヤマメ

ヤマメも赤久縄で釣ることができます。ちなみに、ヤマメはマスと同じ種類の魚で、川から海に行き、大きくなって川に戻ってきたのが「マス」、海に行かず、ずっと川で生活しているのが「ヤマメ」になります。

NEXT イワナ