カレイとヒラメの見分け方|違いや料理のレシピを紹介

カレイとヒラメの旬はいつ

カレイは年中美味しく食べることができますが、種類によって旬の時期が変わります。春はクロガラシカレイやメイタガレイ、夏から秋はマコガレイやイシガレイ、冬はババカレイやアカカレイです。スーパーには旬の種類のカレイが並ぶ事が多いので参考にして下さい。ヒラメも年中美味しく食べる事が出来ますが基本的には冬です。

カレイとヒラメ料理|カレイの料理のレシピ

カレイの主な料理

カレイはヒラメと違い活発に動く魚ではないので、余分な筋肉が無いため火を通すとふっくらして固くならずに柔らかく仕上がります。その為、煮つけや塩焼きなどの火を通す料理に向いています。簡単にできるレシピを少し紹介していきます。

カレイ料理のレシピ①煮つけ

材料 (3人分)
かれい
3切れ
150cc
砂糖大さじ2
大さじ2
みりん大さじ2
しょう油大さじ3
しょうがの薄切り4~5枚
1:鍋に水、調味料を入れて沸騰させる。
2:中火にしてカレイと生姜の薄切りを入れアルミ箔などで落とし蓋をする。
3:15分~20分位味が浸みるまで煮込む。
4:器に盛り付けて出来上がりです。(引用:COOKPAD)

カレイ料理のレシピ②簡単に出来る唐揚げ

  • 材料
  • カレイ:1匹
  • 塩コショウ:適量
  • 片栗粉:適量(カレイ全体に付くくらい)
  • 油:カレイ全体が浸かるくらい
  • 作り方
  • カレイを綺麗に洗い塩コショウを全体にする
  • 片栗粉を付ける
  • 油を200℃に熱してカレイをカリカリになるまで揚げる
  • 全体がカリカリになるまで揚がったら油を切る
  • 皿に盛りつけ完成

カレイとヒラメ料理|ヒラメの料理のレシピ

ヒラメの主な料理

ヒラメはカレイと違い活発に動く魚です。カレイよりも筋肉質の為、火を通すと固くなります。その為、刺身やカルパッチョなどの生で食べるのに向いています。ですが、ムニエルや煮つけなどの火を通してもおいしく食べる事も出来ます。

ヒラメ料理のレシピ①簡単カルパッチョ

  • 材料
  • 刺身用ヒラメ:好みの量
  • 醤油:大さじ1
  • お酢:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ2
  • チューブにんにく:好みの量
  • プチトマト、ベビーリーフなどの飾り:見た目が良くなる量

作り方

  • オリーブオイルにお酢、にんにく、醤油を加え混ぜておく
  • 皿に刺身にしたヒラメを盛り付ける
  • 盛り付けたヒラメに最初に作っておいた物をかける
  • プチトマト、ベビーリーフなどを飾って完成

ヒラメ料理のレシピ②簡単ムニエル

  • 材料
  • ヒラメの切り:身4枚
  • 塩コショウ:適量
  • 小麦粉:適量
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 醤油:大さじ3
  • バター:40グラム
  • レモン:好きな量
  • 作り方
  • ヒラメの切り身に塩コショウをし小麦粉をまぶす
  • バターとオリーブイルをフライパンに入れて切り身を焼く
  • 醤油とレモン汁を混ぜてソースを作る
  • 皿に焼いた切り身を乗せソースをかけて出来上がり
NEXT カレイとヒラメを見分けて美味しく食べよう