キャンプのローテーブルおすすめ22選&選び方を徹底解説!アウトドアをもっと楽しく快適に!

キャンプにおいては色々とアイテムが必要ですが、それらを置いておくためのローテーブルも必須のアイテムです。そしてそのローテーブルにも、特有の選び方があるのです。ということで、キャンプに使うローテーブルの選び方やおすすめモデルをご紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

キャンプにはローテーブル!おすすめと選び方を紹介

ローテーブルを使って楽しくキャンプを

キャンプにはいろいろなアイテムが必要になってきます。日帰りのデイキャンプなら良いですが、宿泊を予定しているのであればテントやタープなどは必ず必要になってきます。その他食器などの様々なものを揃えることになるのですが、そんなキャンプアイテムでぜひ揃えてほしいのが今回ご紹介するローテーブルです。

ローテーブルは、ダイニングなどで使われるようなテーブルとは違い名前通り背の低くなっているローテーブルです。イスなども折りたたみ式の小さめのものを使うのが想定されるキャンプでは、このローテーブルがとても重宝するのです。ということで本記事では、ローテーブルの選び方やキャンプにおすすめのモデル22選をご紹介します。

キャンプでローテーブルを使う3つの魅力

ロースタイルで楽しめる

それではまず最初に、キャンプにおいてローテーブルを使う魅力にはどんなものがあるのかということについてご紹介しましょう。最近のキャンプでは、ロースタイルと呼ばれる形式でのキャンプが人気を集めています。これは、テーブルやイスなどを背の低いものにして、視線を下げることで地面に近い状態で行うキャンプです。

地面に近い状態でキャンプをするのは、実は畳の上での生活に慣れている日本人には親しみやすいキャンプの形式なのです。必然的にテーブルも背の低いものが使われ、自然により近い場所で過ごすことができるというのが魅力の1つとなります。

コンパクトで持ち運びが楽

大人数で使用するのを前提として作られたテーブルは広くてたくさん物を置くことができます。それが持ち味なのですが、持ち運びはサイズが大きい分どうしても難儀になってしまいます。その点ローテーブルであればそれらと比較してもとてもコンパクトになっていて、持ち運びは楽ですし車に入れた時にスペースも取らずに済みます。

子供でも扱いやすい高さ

キャンプは当然ながら大人だけでなく、子供も楽しむことができるアウトドアです。背の高いテーブルだと椅子も大きいものを使わなけばならないので子供は少々大変ですが、ローテーブルなら子供でも怪我の可能性が極めて低く扱いやすい高さです。加えて大人の方々も、子供と同じ目線の高さになります。

ローテーブルの選び方のポイント①高さ

高さの基準は40センチ

続いては、ローテーブルを実際に選ぶ上での選び方のポイントをいくつかご紹介しましょう。まず1つ目のポイントは、なんといっても高さです。ローテーブルで使いやすい高さは地面から大体30センチから40センチ程度となっていて、椅子を使うのならば40センチのものが適当な高さでしょう。

座面高プラス5センチくらいがちょうど良い

ですので、ローテーブルを選ぶ上でローチェアと併用するのを前提にしているのならば高さは40センチを基準として考えましょう。食事などをしやすくするためより詳細に扱いやすさを考量するのであれば、座面高が8センチから20センチくらいのものを選ぶとちょうど良い高さにマッチしてくれます。

ローテーブルの選び方のポイント②折りたたみできるか

NEXT ローテーブルの選び方のポイント②折りたたみできるか