ライトショアジギングへ出掛けよう!〜タックルの選び方と釣り方【入門編】〜

③ラインの選び方

ライトショアジギンではPEラインが使われるのが一般的です。PEラインは細くキャストしやすく、伸びないため遠くジグにヒットした感覚がわかりやすい特徴があります。太さは0.8号〜1.2号を使う方が多いです。

④ルアーの選び方

メタルジグを使いますが、これは良いものが多いので大きく差は感じにくいかもしれませんね。根掛りしてロストしてしまうこともあるので安価な100円均一のジグも持っていっておくといいでしょう。100円のジグでも釣れますしろストしても精神的ショックが少ないので重宝します。後は、ジグパラシリーズもコスパの高いジグとして大変人気なのでこの辺りのジグもあれば十分に楽しめます。

⑤スナップの選び方

スナップというラインとジグを繋ぐ金具があるとジグの着脱がワンタッチでできるので楽です。強度のチェックは必須です。PEラインやリーダーの強度と同等のものを選びましょう。大物がかかった時にスナップが強度不足で釣り損ねると勿体無いですからね。スナップはサイズによってはジグの動きを悪くするため食いつきが悪くなる、と言われますが小さいジグに大きいスナップをつけたりアンバランスなことをしなければ良いだけです。スナップによる影響がないように適切なものを選んでいきましょう。

⑥玉編の選び方

大物が釣れた時に玉網があると便利なので用意できる方は持ち込んだ方が良いです。堤防なら5m、磯でも8m程度あればだいたいカバーできます。枠が大きいものだとランディングで失敗することも少ないなります。

⑦クーラーボックスの選び方

チェックポイントは「保冷力」、「容量」、「値段」、「メンテナンスの手軽さ」です。保冷バックでは保冷力がそんなに強くないのに水漏れもしてしまうのであまりおすすめではありません。発泡ステロールも耐久性が強くないのとフタが風でよく飛ぶので、安価ではあるものの使い勝手はイマイチです。クーラーボックスを20リットル前後で1万円前後のものを用意すればストレスなく使用できるでしょう。

⑧小物類の選び方

便利アイテムは言い出すとキリがないので主要なものの名前だけここで紹介しておきますね。おすすめは、フィッシュグリップ、ラインカッター、メタルジグケース、PEにシュ!、ストリンガー、コンパクトナイフ、ノットアシスト、などはあると便利なアイテム達です。

釣り方とコツ

ライトショアジギングの釣り方は比較的簡単です。ルアーをできるだけ沖の遠くにキャストして着底したらリールを海面近くまで巻き、また着底させる、この繰り返しです。細かなテクニックはありますがこれに尽きます。ターゲットがどの層にいるか探りながらこれが繰り返します。100g以上あるジグを投げるとなるとかなりの重労働ですが、軽いジグを使うライトショアジギングなら楽に釣りを楽しむことができます。着底させて始めるのがセオリーではありますが、いきなり着底すると根掛かりしてしまうこともあります。底が岩場や海藻のこともあるので、最初は100円均一で売ってるルアーを使うとロスしたときの心のロスも最小限にできますのでおすすめです。初キャストでロスすると幸先悪いですからね。

ワンピッチジャークができれば釣れる

アクションはジブが着底したらロッドをシャクリながらリールを巻き、そのまま10回程リールを巻いたらそのまま着底させ、また最初に戻ってシャクリながらリールを巻きます。そしてジブを回収したら再びキャストします。これができればターゲットがいる層に当たれば食いついてきます。技術的な面では、リトリーブ(リールを巻いてメタルジグを引っ張る動作)時の速度も重要です。早くリールを巻けば回遊魚へ存在をアピールでき、遅く巻けば弱った魚のように見え誘うようなアピールになります。キャストはできるだけ遠くが良いのは水深が深く沖の潮の流れが早い場所の方が回遊魚生息している可能性が高いからです。

動画をチェック

ライトショアジギングの実際の動画をみてイメージしてみましょう!

いかがでしょう、イメージできましたか。釣り場所、キャスト、フォール、リトリーブ、この流れをマスターすればもう魚が釣れるのは時間の問題です。堤防からでもこのサイズが釣れることは未経験者からすると驚きでしょうが、このサイズも釣れることがライトショアジギングの魅力です。

まとめ

ライトショアジギングは中型〜やや大型の魚が釣れて、ショアジギングよりも疲れない人気の釣りジャンルです。手軽に始められる、高級魚も釣れる、強いアタリも楽しめる、と釣りの醍醐味が詰まっています。人気の釣り場に行くと人がいっぱいでスペースが空いていない、なんてこともあるくらいです。慣れてくると磯に出てみたり、大物をお求めて足場の悪いところでもチャレンジしてみたくなると思いますが、遠投の際の後方確認、足場の安全性の確認はしっかりして安全にライトショアジギンを楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です