鱒レンジャーベイトから目が離せない!ベイトフィネス向けやおすすめリールも

初心者には鱒レンジャーベイトがおすすめ

鱒レンジャーは鱒釣り用のロッドで、よく管理釣り場の釣りで使われています。その特徴は、竿全体にしっかりと素材が詰まったオールソリッド構造なので、カーボンロッドとは違い、軽さや感度はないですが、やわらかくて粘りが強いため大きく曲がります。

それにより、魚が餌だと思ってルアーを口に入れても違和感を感じずに食いついてしまう、という利点があります。つまり、特別なテクニックがなくても簡単に魚が釣れやすいということなので、その点が、初心者に勧めたいロッドになるわけです。オリジナルの鱒レンジャーはこちらのサイトを参照して下さい

鱒レンジャーベイトはベイトフィネスにもおすすめ 

フィネスとは、繊細なという意味を持っています。それより釣りの用語としてはフィネスとは、ノーシンカーワームや、ダウンショットリグといったライトなルアーを用いたピンポイントに狙いを集中した繊細な釣りの事をいいます。

ベイトフィネスとは

ベイトタックルでは、スプールを回転させてラインを送り出すにはため、性能的に軽いルアーを投げるのには向きませんでした。この欠点を克服するため、まずスプールを限度まで軽量化し、またラインの巻き総数も減らしスプール自体の軽量化を図りました。

更に、高性能のベアリングとギア比を組み合わせにより、ベイトタックルでもスピニングタックルと同じ様に、軽いルアーも投げられるようになりました。そこで、ベイトタックルを使いライトルアーで釣ることをベイトフィネスといいます。

鱒レンジャーはベイトフィネスにおすすめ

  

鱒レンジャーでベイトフィネスを行うと、キャスティングをするときには軽いルアーでもしっかりと重さが乗った感覚があるので、その反動で投げられ、気持ちよく飛ばすことができます。そして着水した後は、すぐにアクションに移せます。

そしてやはりグラス素材というだけあり、アタリにも直ぐに反応してしっかりと針掛かりしてくれます。30センチクラスのイワナなら、大した問題も感じることなくランディングまでできてしまう頼もしさが、鱒レンジャーベイトを勧める大きな理由です。

ベイトフィネスにおすすめ鱒レンジャーベイトの値段

鱒レンジャーベイトは、1本約3000円程で購入することが出来るます。ベイトフィネスを鱒レンジャーを使ってやるには、やはりこれが一番で最大のメリットです。ベイトフィネスを始めてみたい方なら、とても購入しやすい価格ですので、気軽に始められます。

ベイトフィネスにおすすめ鱒レンジャーベイトの強度

カーボンロッドだと、ぶつけたり踏んづけたりした衝撃で割れてしまったり、ラインを通したままや移動するときにそのまま車に入れて運んで、ティップが折れてしまったりするといったことが時々あります。

しかし、グラスソリッドは、中まで詰まった粘り強く丈夫なロッドであるため、取り扱いの不注意程度ではそう簡単には折れません。グラス素材でできた鱒レンジャーはとても丈夫です。もちろん、40センチクラスのターゲットなどにも、充分に駆け引きを堪能しながら耐えうる強度も持ち合わせています。

鱒レンジャーベイトはまだまだある!おすすめをご紹介

ベイトフィネスの特徴は特にスピニングリールとは違って、太くそして強靭なラインを巻いておくことが出来ることです。スピニングリールと違い大型の魚がヒットしたとしても、ラインブレイクやパワーによる負けを心配をすることなく、ファイトできます。

また、ベイトリール本来の特色もそのまま利用できるので、繊細で且つ正確なキャスティングが可能です。片方の手でキャスティング出来るので、手返しも良くピンポイントでスポットポイントを狙い撃ちできます。

鱒レンジャーベイトが活躍する釣り場

頭の上まで木が生い茂っているような釣り場では、ライトリグを使ったベイトフィネスタックルが最も威力を発揮するポイントになります。PEラインなどの強力なラインを使うことが出来るので大型のターゲットがヒットした場合も、ある程度なら強引なファイトも充分にできます。

また、木が繁ってポイントを覆ってしまっているようなところへも、ベイトフィネスタックルならピンポイントで正確にキャストできるので、正にこのような場所には最適なフィッシング手段といえます。

NEXT 鱒レンジャーベイトを使った中・小型のルアーにおすすめ