海釣り竿のおすすめ6種!~選び方とその種類をご紹介~

延べ竿(のべさお)

リール(糸巻き)やガイド(糸通し)が無く、竿先にそのまま仕掛けを取り付けて使うシンプルな竿です。川釣りでよく使用されます。

船竿(ふねさお)

船釣りで使う竿の総称です。釣りたい魚の種類や狙う水深によって、さまざまな種類があり、目的に合わせて選びます。

ルアーロッド

ルアーという疑似餌(ぎじえ)を使用する時に使う竿です。船竿と同じく、魚の種類や狙う水深でかなり多くのスタイルの竿があり、狙う魚によって選びます。

海釣り竿の選び方

たくさんの種類がある海釣り竿ですが、自分がどんな魚をどこで釣りたいかによって、必要な釣り竿は絞られてきます。例えば船でスズキを釣りたいのに、あまり大きくない魚向きの延べ竿や、磯場で使う磯竿は選択肢には入りませんね。また、初めて釣りに行くのなら、釣り竿以外にも揃える物がいろいろありますから、竿にかけられる予算も決まってくるでしょう。さらに気に入ってるブランドがあったり、最新の物が欲しいなどのこだわりがあるのなら、さらに選択肢は狭められて、選ぶべき1本が見えてくるはずです。釣りたい魚と釣る場所が決まったら、選ぶ時のその他の注意点を、ここで紹介します。

仕掛けとのバランス

釣りたい魚によって仕掛けも変わりますが、その仕掛けを自在に操るためには、竿の操作性も重要です。仕掛けの重さによっても、それに合った竿が決まってきますので、釣りたい魚の種類や狙う水深が決まったら、仕掛けと竿のバランスにも注意して、釣り竿を選ぶといいでしょう。

リールシート

リールシートとは、竿にリール(糸巻き)を取り付けるための台座金具のことです。この部分の素材はチタン、ステンレス、鉄などありますが、最初に選ぶならステンレス製の物を選ぶといいでしょう。予算が許すのであれば、チタン製は軽くてさびにくくて良いですが、安価でも鉄製は錆びやすくもあり、あまりおすすめしません。主に、エサ釣りではプレートシートという形状のもの、ルアー釣りではより強度のあるパイプシートという形状のものを使用します。

尻栓

尻栓とは、竿の持ち手側の端についているフタで、手で取り外せます。竿を洗ったりなどの手入れをする時に開け閉めしますが、竿を使い続けていると塩水や砂が入ったりして、このフタが取れなくなることがあります。また買った時からここが固すぎて取れなかったりすると、竿の手入れや修理の時になって困ってしまいますので、購入時に必ず確認しましょう。

ガタつき、音

気になった竿を持って少し振ってみましょう。もし音がしたら何か異物が紛れ込んでいる可能性がありますので、店員さんに確認してください。さらに竿を伸ばしてみて、接続部分にガタつきがないか、左右に曲がっていないかも見てみましょう。竿をまっすぐに伸ばした時に先が下がる以外に左右どちらかに曲がっていたり、動かすたびに接続部がガタガタするようですと使えません。特に投げ釣りの場合は、重心やバランスや軽さも大事ですので、必ず手に持って動かしてみる事が大事です。

海釣り竿のおすすめ①万能竿

名前の通り、1本でさまざまな釣りを楽しめる釣り竿です。主に防波堤などの岸からの釣りによく使われる竿で、汎用性の高さが特徴です。海でも川でも使えます。海釣りなら、エサ釣りの場合は、魚がエサに喰い付くまで、置き竿で待ちますので、少し長めの竿を、ルアー釣りの場合は、ルアーを投げて誘って巻く、という動作を何度も繰り返すので、軽くて少し短めの竿が使いやすいでしょう。汎用性の高い万能竿でも、エサ釣りとルアー釣りのどちらで釣るかによっては、選ぶ竿が違ってきます。

海釣り竿のおすすめ②磯竿

堤防などからのウキ釣りによく使われる竿です。軽い仕掛けを付けて微妙なアタリを感じるために、穂先は繊細に出来ていて、重い仕掛けは付けられません。竿のサイズでいろいろな釣りに対応しますが、高めの価格帯のものが多いので、2本目以降にチョイスしてみてはいかがでしょう。糸がらみを防ぐため、竿の中を糸が通っている「中通し」というタイプの竿もあります。5.3m位のものが多く使われていますが、あまり長いと扱いが難しくなりますし、短いと仕掛けを竿に巻き込んでしまったりしますので注意が必要です。

NEXT 海釣り竿のおすすめ③投げ竿