サルカン結びって?シンプルだが使える結び方

サルカン結びの種類③クリンチノット

仕掛金具の結束に定番の結び方のうちの一つです。比較的細めの釣り糸と仕掛け金具を結ぶ時によく使われます。構造が簡単で覚えやすく、また素早く作ることができるのでおすすめです。

クリンチノットの結び方

出典:Yamaria

1,輪に釣り糸を通して、10cmほどで折り返します

出典:Yamaria

2,折り返した釣り糸の先端を、本線に5~6回ほど巻き付けていきます。

出典:Yamaria

3,先ほど巻き付けたいった糸の先端を、輪の根元にできたループの部分に裏側から通していきます。

出典:Yamaria

4,さらにその時にできた大きなループに釣り糸の先端をくぐらせます。

出典:Yamaria

5,糸を引き締めていきます。先端の余分な糸を切断して完成です。この時摩擦熱による磨耗を防ぐため、ゆっくりと締めていきます。

サルカン結びの種類④ダブルクリンチノット

こちらもクリンチノットと共にルアーに直接釣り糸を結んだり、釣り具を結ぶのに一般的で汎用性のある結び方です。はじめに金具の輪に釣り糸を2回通して強度を増加させたものがダブルクリンチノットです。こちらの方も一般的に使われております。

ダブルクリンチノットの結び方

基本的な結び方は上記のクリンチノットのものと同じです。違いは最初の金属環、ルアーのリングに釣り糸を通す回数を2回に増やします。そしてその後は通常のクリンチノットと同じように締めていきます。

サルカン結びの種類⑤漁師結び(完全結び)

本職の漁師さんがよく使われている結び方です。その為、強度への信頼度は高いものとなっています。ルアーや仕掛金具を手早く結ぶのに最も適している方法の一つです。また別名ともなっている完全結びという名前からも分かるように非常に完成度の高く、解けにくい結びとなっています。

また巻き数を増やすだけで強度を上げることができ応用が効く上、結び方も単純でおすすめの結び方です。

漁師結びの結び方

出典:Yamaria

1,釣り糸を二つ折りにして、二重になった先端を金属環、ルアーのリングの中に通します。

出典:Yamaria

2,釣り糸の先端を垂らし本線と二重に重なった部分を巻き始めます。

出典:Yamaria

3,釣り糸の先端で、本線と二重に重なっている輪の部分を一緒に5回程巻き付けていきます。

出典:Yamaria

4,そして二つ折りになっている部分を開きその輪の中に先端の糸を通していきます。

出典:Yamaria

5,本線をしっかりと引き締めていき、輪を通した方の糸も共に引っ張りしっかりと締めこんでいきます。そして最後に余分な部分を切断して完成です。

NEXT サルカン結びの種類⑥ハングマンズノット