コールマンのツーバーナーが人気のワケとは?理由はおしゃれなだけじゃない!

定番はコールマンのガソリン式ツーバーナー

コールマンのツーバーナーといえば、ガソリン式の方が人気はあります。人気はあるのですが扱い方は少しコツがいるため練習が必要です。

コールマンガソリン式ツーバーナーの特徴

ガソリン式のツーバーナーは昔から定評があり、火力も強く燃費がよいため長時間使用できると人気があります。そして頑丈で壊れにくく補修パーツも発売されているのでメンテンナンスをしながら何十年も使用しているユーザーも多いです。

メリット

ガソリン式のメリットは安定した火力になります。ガス式ですと使いきったガス缶を持ち帰らなければいけませんがので、ゴミの量も少ないです。コールマン独特の深緑のボディに真っ赤な燃料タンクを持つ重厚感あるルックスのファンも多いです

デメリット

燃料として使うガソリンはホワイトガソリンになるので、ガソリンスタンドではなくキャンプ用品コーナーで事前購入しなければいけません。また、使用前に燃料タンク内に圧力をかけ、空気でガソリンを送り込めるようにポンピングをしなければいけません。

100回ほどノブを押し込む必要があり、使用後も燃料タンクからガソリンを取り除くのも面倒、と言われる方も多いです。

コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方

ガソリン式の方がガス式より手順が若干多いです。ですが練習して慣れてしまえば簡単です。どのように設置し、着火していくのかを見ていきましょう。

設置方法

テーブルなどの平な台の上に本体を置きます。中が空なのでガソリンタンクやアルミフォイルなどの小物などを収納し運ばれる方も多いです。収納品も出しておきましょう。ガソリンタンクを丁寧に取り出し、プレートを下ろします。

燃料を入れる

平な台に注入口が上になるように置き口を開けます。フューエルファネルやガソリンフィラーといった道具を使って溢れないようにガソリンを注ぎます。満タンまで入れたら蓋をしっかり締めます。

ポンピング

ジェネレーター横にある黒いネジを右に動かなくなるまで回します。そしてポンプノブを左に2回転させてノブを取り出します。ポンプノブをまっすぐ引き出し、そのまままっすぐ押し込みます。この作業をポンピングといい、100~150回程度繰り返します。

NEXT 燃料タンクをセットする