ワカサギ釣りのコツを知ろう!初心者向け爆釣りの秘訣

ワカサギ釣りに必要な仕掛け

ワカサギ釣りで使う仕掛けは様々な種類のものが出ています。針が多ければ多いほど、爆釣に適しているのではと思いがちですが、初心者さんや小さなお子様などは針の数が5本程度の物をおすすめします。

針が多いということは仕掛けが長くなってしまうということですから、欲を出してしまうと絡まってしまったりとトラブルの原因になるのです。

仕掛けの長さは、竿の長さより短めであるものが良いです。釣れたワカサギを外したり、餌を付けたりと言った作業の時、竿より短いことで手作業の効率が上がるためです。また、針の形状は秋田狐と袖針があるのですが、どちらでも構いません。

出典:Amazon

Amazonで見る

出典:Amazon

Amazonで見る

ワカサギ釣りのコツを知ろう!①底を取る

「底を取る」と専門用語で言われても、初心者にはピンとこないと思います。おもりを落として行き一度湖底に接地させることです。湖底からどのくらいの高さで釣ろうかと言うときに必要な手法です。

ワカサギは底に沢山いる!

ワカサギは、ずばり湖の底近くに停滞していることが多い魚です。時に浮遊しているアカムシを食べることもありますが、主に底付近に生息する動物性プランクトンを食しているためです。

では、どのようにしたら湖底より少し浮かせた丁度よい辺りで誘うことが出来るかと言うと、いわゆる「底を取る」のが一番です。

ワカサギ釣りの底の取り方

まずはおもりが湖底に到達するまでラインを出していきます。しばらくするとラインがピーンと張らなくなり緩んでいる状態になります。この時竿はまっすぐに近い状態になります。これがおもりが湖底に到達した状態です。ここから少しずつラインを巻き上げていくと、徐々にラインは張り、竿もおもりに引っ張られたわんでいきます。

この、一度湖底におもりを付けてから釣りを開始することを「底を取る」と言います。湖底から5cmほど浮かせたところで誘っていきます。この時、ラインをストッパーなどに引っ掛けて固定し、これ以上ラインが放出しない様にしておくと、この後のアプローチが楽になります。

ワカサギ釣りのコツを知ろう!②エサで上手に誘う

ワカサギはルアー釣りではなく餌釣りです。餌を付けて待っているだけではなく、ルアーの様に動かしてワカサギを誘っていきます。ここがワカサギ釣りの1つ目のポイントとなるのでしっかり押さえてください。

NEXT ワカサギ釣りの釣果を左右するのは誘い方にある