ワンピッチジャークでショアジギングに挑戦!青物を釣りあげよう!

ロッド

ロッドは、長く硬いものがおすすめです。遠投性能もあげれることと、ヒットしたときに耐えれる強度が高いからです。初心者は、9フィート6インチから10フィート6インチがおすすめです。

リール

リール選びのポイントは、5kg以上の大物を釣り上げたときに耐えれるパワーと手返しが良いことがポイントです。リール回転の滑らかさなどもメタルジグを操るのにポイントになってきます。

ライン

ショアジギングでのライン選びは、とにかく優れた遠投性能と高強度のものをおすすめします。PEラインの0.8~2号程度の太さを目安に、飛距離の2倍前後の長さをおすすめします。

ショアジキングのジグ選び

青物を狙うためのジグは、普通のジグよりかなり遠くまで投げれるメタルジグがおすすめです。このメタルジグは、40gから80g程のものが主流です。金属の固まり棒にフックをつけたものになります。今では、光を放つだけでなく泡や音のでるジグもあり、小魚に見立てる工夫がされています。

飛距離を出すためのポイント!

青物狙いには60gをおすすめします。ロッドの重みと反発力を利用し100m以上飛ばすことも可能だからです。80gはロッドの重みとジグの重みを足すと飛距離が60gとあまり変わらなくなるケースもあります。また40gのメタルジグ、風の弱い日などにはおすすめですし、狙う魚や釣る場所によっては80gが有効なこともあります。

小魚を演出できるジグ

飛距離を出し狙ったポイントに到達してから重要なのが、小魚となって海中をよく動いくれるジグです。ジグ選びによっては、1mあるブリやヒラマサなどの巨大な青物を狙うことも可能なので、コンパクトなフォルムで水の抵抗でよく動くフォルム選びが重要になります。

出典:Amazon

 

ワンピッチジャークとは

ワンピッチジャークとは、1アクションリール1巻きとか、1ロッド1リール巻きなど呼ばれていますが、ずばり竿1振りにつき1回のリール回すことをいいます。また、ロッドは長いグリップを使用することが多いため、長時間しようしていると疲れがでますので、ロッドを脇に挟み込み手は添える程度にグリップを持つことをおすすめします。

ワンピッチジャークは基本

ワンピッチジャークは、ショアジキングで青物を釣るのに最も基本的なアクションといわれています。特に初心者の方は、ワンピッチジャークを習得することをおすすめします。上手くいかないからといって、違う手法を取り入れたくなる気持ちはわかりますが、まずはワンピッチジャークができるように練習することをおすすめします。

ワンピッチジャークでアクションを加える

アクション

青物は高速で小魚の群れに突っ込んで魚群を乱します。そこでパニックに陥った1匹の魚を目指して捕食します。メタルジグに小魚が群れを乱して右往左往して上下左右に逃げまわるアクションをワンピッチでしかけるというわけです。決して、直線で逃げることがないことも注意です。

スピード

高速で逃げ回る小魚を演出させるためには、リールを高速で巻き上げます。しゃくりといわれるロッドを上下に動かしジグに動きを与えるというアクションを数回繰り返すことで、ジグにスピード感を与えることができます。

NEXT ワンピッチジャークの攻略