コールマンの焚き火台が話題!ファイヤーディスクを口コミから調査

コールマンの焚き火台はどうして必要?

キャンプといえば、焚き火でしょう!という程、焚き火が人気です。しかし、焚き火をするには注意点があります。ほとんどのキャンプ場では直火による焚き火は、高温によって植物や微生物を焼いてしまい、フィールドを傷つけてしまうために禁止されています。そのような保護のために焚き火台が必要になります。

焚き火台があれば、キャンプ場での焚き火が可能になる事が多いです。キャンプ場によっては、焚き火が出来るサイトが限られている場合もあります。事前にキャンプ場に問い合わせて、焚き火が出来るか聞いてみましょう。

理由①直での焚き火は禁止

キャンプ場での直火とは、地面に直接火を起こす行為です。何故、直火を禁止しているかというと、芝生が高温で焼かれて駄目になり、景観も悪くなるからです。焼野原を想像してみてください。焼かれて真っ黒になったフィールドは汚く、せっかく綺麗に整えてある美しいサイトを駄目にしてしまうので、キャンプマナーとして守りましょう。

理由②焚き火はキャンプの醍醐味

焚き火というと秋からのキャンプというイメージですが、北海道や高原などでは夏でも夜はぐっと気温が下がります。焚き火は暖を取れますし、日が沈み辺りが暗くなり始めると、ユラユラと揺らめく焚き火は、それだけで優雅で温かな雰囲気を演出してくれます。

シャンパンのパチパチという音は「天使の拍手」というようです。薪が爆ぜるパチパチという音は、それだけでBGMになります。実際に聴くだけでリラックス効果があるようです。グラスを傾けながら、静かに語らうにも、独りの時間を満喫するにも、焚き火はなくてはならないアイテムといえましょう。

理由③手入れも簡単

コールマンの「ファイヤーディスク」が人気なのは、手入れが簡単だという事です。「ファイヤーディスク」はステンレス製なので、水洗いが出来ます。バーべキュー後の油汚れはゴシゴシこすらずに、焼き切ってから洗う事をおすすめします。同じように網も焼き切りましょう。後は綺麗に洗って、水滴をしっかり布で拭き取って収納します。

焚き火台を快適に、お洒落に使いこなす

日常から離れた特別な時間を過ごすキャンプは、お洒落に演出したいもの。コールマンの「ファイヤーディスク」なら、お手頃な価格で初心者でも簡単に焚き火を楽しむことが出来ます。しかも、お洒落です。是非、快適でお洒落なキャンプをお楽しみください!

スノーピークのほおずきに関する記事はこちら

キャンプでおすすめの焚き火台に関する記事はこちら