銀マットのおすすめ10選!フロアマットと組み合わせて使うと最強!?

ホームセンターや100円均にもあり手軽に入手できる銀マットですが、冬のキャンプにも効果的な使い方をお教えします。厚手のものや折りたたみ式のものなどを10選ご紹介すると共に、合わせて使うと効果絶大なおすすめのインナーマットも紹介していくのでぜひ参考にしてみて下さい。

この記事をかいた人

そもそも銀マットとは?

銀マットと見たそのままの意味で銀色のマットのことです。見たことがない方もあまりいないと思うこのマットは、スポンジとアルミでできています。キャンプではスポンジ部分が地面からの冷えや地面の固さから守ってくれ、アルミ部分が熱を反射して暖かさを保ってくれるアウトドアには必須のグッズです。

銀マットをキャンプで使う目的は遮熱だが厚手のものならクッションにもなる!?

本格的に寒くなってきたこの季節にキャンプを楽しまれる方が一番苦労することはどうやって寒さを防ごうかということだと思います。下からやって来る寒さを防ぐために必要なのが銀マットです。

しかし、ただひくだけでは終わらないのがこの銀マットです。種類によって様々な使い方がありますので紹介していきます。

地面との遮熱は冬なら地面に体温が奪われない様に銀色を上に

冬のキャンプで気持ちよく過ごすためにはマットを工夫して使う必要があります。マットのアルミの性質を生かして、地面が冷たい冬はアルミを上向きにひくことで、自身の熱をアルミが反射して熱を保ってくれるので冬は上向きにひいてください。

銀マットのアルミを下にして夏は地面の熱をはじき返す

ムシムシしている夏は冬とマットの使用方法を変えます。地面が熱や湿気を持っている暑い夏は、アルミを地面側にしてひきましょう。そうすることで地面から伝わってくる熱やじめじめした空気をアルミが反射して快適に過ごすことが出来ます。

厚手の銀マットなら多少のクッション性はあるがそれほど効果はない

現在選びきれないぐらい多くのマットが発売しています。特に厚手のものはクッション効果は上がるので銀マットだけでも過ごせますが、フロアマットに比べると効果は低いのでフロアマットに頼ることをおすすめします。より気持ちよく過ごしたいと考えている方はふたつをを合わせて使いましょう。

銀マットはキャンプ以外でも便利に活用できる

これまでアウトドアで使用する時のお話をしてきましたが、このマットにはキャンプなどの外で使用する方法以外にもたくさんの活用方法がありますので紹介していきます。ぜひキャンプ以外の使用方法も知って活用してみてください。

銀マットは車中泊の時も便利

車の中で一晩過ごすとなった際に、ずっとエンジンをかけたままにすることは出来ないのでエンジンを切りますが、切ってしまうと車内が冷えてしまい寝にくいものです。

そこでマットをひいたり体を包むことで暖かくなります。また車のガラスに貼ることで、目隠しにもなりますし窓からの冷えも防ぐことができます。

災害や緊急時にも活躍する銀マット

NEXT 災害や緊急時にも活躍する銀マット