銀マットのおすすめ10選!フロアマットと組み合わせて使うと最強!?

災害や緊急時にも活躍する銀マット

このマットは災害や緊急時にもとても役に立ちますので、一枚家にあるととても便利です。災害時に避難場所に避難したものの底冷えするという時に一枚ひくだけで寒さを防ぐことが出来ます。

また床にひくだけではなく、寒さから身を守るためにマットを体に巻き付けることで寒さを防ぐことが出来ます。

銀マットは風除けにも活躍

このマットは種類によっては厚さがあるマットもあるので意外としっかりしています。隙間風が寒いなと思っている方は隙間があるところにマットで隙間を隠してみてください。寒さがかなり改善されますのでおすすめです。

銀マットを効果的に使うにはフロアマットとの重ね敷きが大切

このマットだけでも過ごすことは出来ますが、より気持ちよく過ごす方法として銀マットにフロアマットを重ねることを強くおすすめします。特に冬は銀マットだけでは底冷えが心配ですし、夏でも2つのマットを合わせることで地面の熱と湿気から逃れて気持ちよく過ごせます。

銀マット+フロアマットで快眠!

テントの中を居住空間としてテントを使用する場合はやはり外でも気持ち良く寝たいものです。その際はやはりふたつのマットを重ねることで床がより家にいるような気持ちの良い空間を作ることができますので、ぜひ快眠を目指してテント内にこだわってみてください。

銀マットの上に敷くとフロアマットも長持ちする

そのままフロアマットをひいても問題はありませんが、やはり地面の石などのせいで痛みが早くなってしまいます。フロアマットは頻繁に変えることができないものなので、やはりふたつ合わせることでフロアマットを痛みから守ってくれます。

銀マットを選ぶ時のポイントは?

最近では本当にたくさんの種類が登場しています。いざ買いに行ったとしても、たくさんありすぎてどれが良いのか迷ってしまう方もいるかと思います。そこで、それぞれの目的と用途に合わせたマットの選びかたを紹介していきますので、自身にぴったりのマットを選んでください。

銀マットにはロール式と折りたたみ式がある

ロール式は持って歩く際は便利ですが、収納時は丸める手間がかかり広げた際に丸まっていた癖がつきます。折りたたみ式はジャバラのようにたたむマットなので使用した面の汚れが隠れ、収納時も折りたたむだけで簡単に収納できます。どちらもそれほど変わりはないので好み合わせて選んでください。

銀マットは厚いものの方が効果が高い

テント内を居住空間として就寝時に使用するとなるとやはりマットの厚さは重要になってきます。厚みがあることで寝る際に寝やすいですし、厚みがあることでよりアルミの性質をより発揮してくれます。薄いとやはり効果が薄くなってしまいます。

R値って何?

R値とは熱抵抗値のことを意味しており、熱の伝わりにくさを表しています。この値が高ければ高いほど熱が伝わりにくいので地面からの熱や寒さから守ってくれるということです。スペック表にも出てくるのでぜひ確認してください。

NEXT 銀マットのサイズがテントのサイズと合ってないと残念な結果に