スノーピークのバーナーの魅力と人気の秘密を徹底解説!

スノーピークバーナーの選び方

メーカーも種類も多いバーナーですが、何を基準に選べばいいのかわからない人も多いかと思います。今から購入する人も、今使っているバーナーを見直したい人も、購入する前に確認するべきポイントをご紹介します。ポイントを確認し、自分の使用用途にあったアイテムを探してみましょう。

どんなシーンで使いたいか

出典:snowpeak

アウトドアをする時に、自分がどんなシーンでバーナーを使いたいかを考えてみましょう。大事なのは人数、場所、どんな料理をしたいかなどを考えることはバーナー選びには重要です。どんなバーナーがあれば自分が楽しく過ごせるかを想像すれば、おのずと理想のバーナーがどんなものか見えてくるはずです。

例えば一人で登山する時にコーヒーを飲むために、お湯を沸かしたいだけなら、軽量で持ち運びしやすく、使い方も簡単なものが適していると思います。そこでは携帯性やコンパクトさが求められ、あまり大きさや火力は求められないでしょう。

火力

出典:snowpeak

使いたいシーンがはっきりしたら、今度は「火力」について考えましょう。もし家族や友達グループでアウトドアをするという場合には、火力が弱いものでは大人数分の料理が出来上がるのに時間がかかってしまったり、十分に火が通らないということになってしまいます。そのためある程度火力が強いバーナーを選ぶ必要があります。製品ごとの火力は一般的に「kcal/h」で表し、数値が大きい程火力が大きいことを表します。

●火力重視「ギガパワーストーブ 剛炎」

出典:Amazon

Amazonで見る

世界最強クラスの火力8,500kcal/hを誇る、火力にこだわった傑作です。寒くて風のある冬のキャンプでも、問題なく料理ができる火力を実現しています。4本の脚はそれぞれ5段階で高さの調節ができ、凹凸がある地面でも安定して置くことができます。

詳細

  • サイズ:350×420mm
  • 質量:1,800g
  • 収納サイズ:240×205mm
  • 最大出力:8,500kcal/h
  • 材質:ステンレス、ブラス

スノーピーク押さえておきたいバーナー5選

1998年に世界を驚かせた「ギガパワーストーブ”地”」を発売して以来、スノーピークでは次々にヒーティング系のヒットアイテムを世に送り出してきました。そんなスノーピーク製で押さえておきたいバーナーをいくつかご紹介していきます。

①ギガパワーストーブ 地

出典:snowpeak

「胸ポケットに入るストーブをつくろう!」を合言葉に制作され、1998年に販売されたコンパクトストーブ。スノーピーク初の燃焼系アイテムでもあり、今なお世界でヒットを続けるコンパクトストーブのパイオニア的存在です。

詳細

  • サイズ:106×67.5mm
  • 質量:75g
  • 収納サイズ:44×35×82(h)mm
  • 最大出力:2,500kcal/h
  • 材質:ステンレス、アルミ合金、ブラス

ウィンドスクリーンで風から守る

出典:Amazon

Amazonで見る

ギガパワーストーブ”地”は構造がシンプルで、携帯性に優れているバーナーですが、その分風には弱い部分があります。そこで別売りのウィンドスクリーンを取り付けるだけで火を風から守ることができ、簡単に火力を保つことができます。

詳細

  • サイズ:径118×15mm
  • 質量:57.5g
  • 材質:ステンレス
NEXT ②ヤエンストーブ レギ