フナってどんな魚か知ってる?特徴や飼育方法など紹介します

フナの旬・時間帯はいつ?

フナ旬の季節は?釣れる時期と時間帯は?

4月頃の繁殖期より成長したフナは12月~1月頃に旬の時期を迎えます。この時期のフナは調理するにも大きさが適度な大きさになっており、佐賀県はフナが販売されるふな市をフナの旬であるこの時期に毎年行っているそうです。

しかし釣りやすい時期は春と秋のフナが活動的になる時期です。時間帯的にはフナはほかの魚と比べどの時間でも比較的釣りやすい魚ようです。春と秋の時期に行うフナ釣りでは高い釣果を期待できるでしょう。

フナの釣り方は?

釣りの基礎はフナ釣りにあり!

「釣りとはフナに始まりフナに終わる」と言われるほど基礎的でありながら奥深いのがフナ釣りです。一般的にはミミズや練り餌を用いたウキ釣りが多くみられます。ウキの動きに合わせて釣り竿を動かし、釣りあげていく釣り方です。

淡水であればほとんどどこにでも生息している魚なので、初めての釣り体験がフナで体験していることが多いそうです。フナ釣りには高い釣具などは特に必要ないので気軽に楽しめます。釣り方自体も釣り竿の動きだけでので初心者には比較的釣りやすく子どもや女性でもコツをつかめば簡単に釣ることができ釣りの基礎の中の基礎の魚といえます。

フナ釣りにはコレ!おすすめタックル

釣具のことをタックルと呼びます。先ほども言いましたが、フナ釣りには特に高いタックルは必要ありません。今回はフナ釣り向きのおすすめタタックルの中でも竿・針・餌の3つについて詳しく紹介します。

  • 竿:淡水魚用の釣り竿として売られているものを選びましょう。通常は2.4mほどが理想ですが、狭い場所での釣りなら1.5m程度の竿もおすすめです
  • 針:フナ釣りには袖針5~7号が適していると言われています。針を選ぶ際は釣る魚の大きさに合わせたものを選びましょう
  • 餌:多くの場合はミミズなどの活き餌が使われています。苦手な方は保管・保存も簡単な練り餌を使うと良いでしょう。

どんな仕掛けがフナに有効?

フナ釣りはウキ釣りの仕掛けで行われることが多くみられます。最近では仕掛けセットも売っているのでそちらも便利です。自分で用意する場合は、道糸1.5号、小型の棒ウキがおすすめです。浮力に合わせたガン玉も用意しておくと良いでしょう。

フナを飼うには?フナの飼育方法

ここまでフナの生態や釣り方などを紹介してきましたが、そんなフナを自宅で飼育したい場合に必要なことは何でしょうか。詳しくみていきましょう。

  • 水槽:60cm水槽がおすすめ。ただし、ギンブナなどの大きくなる種類のフナを飼育する場合は90cm~1m以上の水槽を用意するほうと良いでしょう。底に砂利をしくと喜びます。
  • エアーポンプ:複数匹の飼育をする場合や夏場には必要になります。ただし上部フィルターなどの水流で酸素が取り入れられる場合には必要ありません。
  • ろ過装置:上部フィルタータイプが一般的です。金魚を飼育する際のものと同じようなもので十分です。
  • 餌:フナは雑食のため基本的に何でも食べます。なので人工飼料でも十分です。もし人工飼料を好まない場合は釣りの時に使う餌などを利用して徐々に慣らしてあげましょう。

ペットショップやホームセンターなどに売っている「金魚用飼育セット」などを利用することでいろいろ揃える必要もなく育てられるかと思います。初めて買うのに何を用意するか迷ってしまう場合はそちらも便利です。

NEXT おまけ:フナを美味しく頂くレシピ