投げ釣りを始めよう!初心者でも分かる投げ釣りの始め方を徹底解説

餌は氷と一緒にクーラーボックスで保管

お店では通常どの餌も10-15°の海水中で保存されています。先述の餌の中で一番弱いのはチロリで、乾燥や暑さでアッという間に死んでしまいます。比べてジャリメやアオイソメはクーラーの中で3日程度は生きています。餌は氷と一緒にクーラーボックスで保管するようにしましょう。

投げ釣りの基本的な釣り方

大別すると2種類になるのが投げ釣りの基本的な釣り方です。複数のロッドで距離や方向を変えて、仕掛けを投げてからアタリを待つ静的な方法が一つです。もう一つは1本のロッドで誘いを入れて、シロギスを狙う動的な方法です。

針に餌をつける

仕掛けをセットしをえたら針に餌をつけていきます。先述の餌ですがアオイソメの場合、秋のピンギス狙いはタラシを出さず、通常は1cmほどタラシます。ジャリメの場合は1匹掛けで良く、針の上まで引き上げて掛けます。

投げる

竿先から重りまでの長さが1m位になるようにリールを巻いて調節します。リール装着部の辺りを握り、人差し指に道糸を掛けます。目標のポイントめがけてキャスティングします。このとき竿先が前方を向いたタイミングで、道糸を掛けていた指を離すのがポイントです。

アタリが来たら引き上げる

手元に竿を伝わって感触が来ても、あわせを反射的にする必要はありません。再度道糸を張り、針に魚が掛かっているかどうかを確認します。反応があればさらに2尾、3尾とかかるのを期待してゆっくりリールを巻いていきます。

投げ釣りする際の注意点

投げ釣りに於いてもちょい投げ釣りに於いても、投げ釣りする際の注意点があります。キャスティングが大きくなりがちなので、その分危険も増してくるということを忘れないようにしましょう。その他にもいくつかある注意点を見てみましょう。

投げる前に安全確認

投げ釣りで最も重要と言ってよいのが、投げる前に安全確認をすることです。オモリも重く飛距離を出すため大きな動作になりますので、何かあった時には一大事ともなるからです。注意してもしすぎることはありません。

引きの強い魚に竿を持っていかれないようにする

置き竿をしている場合ですが、注意が散漫になりがちです。こうした場合、引きが強い魚が掛ると竿をもっていかれることがあります。こうなると自分の為ならず魚の為にもならないので、引きの強い魚に竿を持っていかれないようにすることは重要です。

NEXT 毒のある魚に注意