マンデラエフェクトとは?日本や海外の最新実例13個をご紹介

不特定多数の人が同じ間違った記憶を共有する「マンデラエフェクト」は、単なる記憶違いとも言いきれない不可解な点が多い現象です。ここでは、マンデラエフェクトが認知されるようになったきっかけから、最新の事例まで紹介していきます。

この記事をかいた人

最近アウトドアに目覚めた女子です。文章で自分が知っていること、役立つことを書くのが好きなので、一人でも多くの方のためになる記事を書いていきます。

マンデラエフェクトとは?

出典:PhotoAC

マンデラエフェクトという言葉を聞いたことがありますか?一体どのような現象のことをいうのか。詳しくどのようなものか解説していきますので、見ていきましょう。あなたもきっと体感したことがあるのではないでしょうか。

事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有

出典:PhotoAC

実際は真実ではないことを、真実だと思い込んでしまっている現象です。思い込んでいると書きましたが、その出来事があった世界にいたという考え方がされています。記憶違いだと思う人が多いのですが、不特定多数の人が同じ間違いをしています。

パラレルワールド移動の可能性

出典:PhotoAC

友達同士など身近な人であればわかります。しかし不特定多数の人が記憶違いをしているのはあまりにもおかしいです。そこから実は人はパラレルワールドの中を知らないうちに移動しているのではないか?という説が流れています。記憶違いの記憶はこことは違う世界の記憶を保持しているということです。

マンデラエフェクトはなぜ起こりえるのか?

出典:PhotoAC

マンデラエフェクトは実際には起きていない事柄、パラレルワールド移動が原因だと言われています。人の選択の数だけ、世界は様々に存在します。パラレルワールドというのはそもそも選択しなかったが、あったかもしれない無数の世界です。

例えば今の会社で働いている自分がいれば、就職の際に違う会社と迷っていたり、本当は受かりたかった会社に浮かれなかったこともあるでしょう。その世界がパラレルワールドとして存在するのです。

マンデラはいつ亡くなった?

マンデラエフェクトという事象が世の中に出始めたきっかけが、マンデラについての記憶でした。マンデラ氏は南アフリカの大統領に就任するほど人々の記憶に残る人でした。しかしそれとは違う記憶を持っている人がいたのです。

マンデラが獄中死したという記憶

johnhain / Pixabay

マンデラは黒人差別の撤廃を訴えた結果、国家反逆罪に問われて終身刑を言い渡されました。しかし時代の流れにより、終身刑がなくなり最終的には大統領になったというのが真実です。それをブルーム氏はマンデラが獄中死したと思っていたのです。

それだけであれば、ただの記憶違いだと言えます。しかしブルームにはマンデラの葬式の時の南アフリカの住民の様子や、スピーチがあったこと、マンデラの死後の南アフリカの様子まで、実際にはないことを記憶していました。

インターネットで多くの人が共感

ribkhan / Pixabay

ブルームと全く同じ記憶違いをしていた人が現れ、おかしいことに気づきました。ブログでその事実を書いたところ、たくさんの人が同じ記憶を持っていると言い始めたのです。大統領が獄中死していたと勘違いする人がこんなにいるのは不思議です。

現実のマンデラの死亡時期

NEXT 現実のマンデラの死亡時期