幻の魚クエってどんな魚?気になる値段や料理、釣りのタックルについてもご紹介!

幻の魚として知られているクエは、とても美味なことで知られています。なかなか見かけることができないクエは、実は釣ることができます。この記事ではクエの特徴と生態、おすすめ料理や釣りについて紹介します。この記事でクエの魅力が伝われば幸いです。

この記事をかいた人

クエとはどんな魚?

クエとは、スズキ目に属する海水魚の1種で、九州全域では「アラ」、愛知県では「マス」、三重県では「クエマス」、四国地方では「アオナ」、他にも「モロコ」など、様々な呼び名を持つ、各地で愛される高級魚です。一般家庭の食卓に上ることはまずありません。

クエはスズキの仲間

スズキと同じ仲間のクエは、「性転換する魚」としてもよく知られています。スズキが「せりご」→「ふっこ」→「スズキ」と転移するように、クエも雌性先熟の性転換を行います。この為、大型のものの大多数が雄で、雌はやや小型のものが多くなっています。

クエは大きな口と頭が特徴

クエの大きな特徴といえば、何といってもインパクトの強い大きな口と頭です。肉食性であり、その大きな口で小魚や甲殻類、イカなどを捕らえて主食としています。「大きくて見た目が悪いのに美味しい魚」の例えとして、よく名前が挙げられています。

クエの生態

体長は平均で60センチから80センチ、大型では1.2メートルで重さは約50キロを超えるものも確認されている大型の海水魚です。茶色く、垢が付いて汚れているように見えることから、漢字では「垢穢」、または、頭から流れる二本の横縞が紋のように見えるので「九絵」とも書きます。

クエは浅い海域に生息 

クエは、西日本から東~南シナ海沿岸部の気候の良い磯、岩礁などに生息しています。群れは成さず単独で行動し、水深50メートルまでの比較的浅い海域で過ごします。夜間に餌を求めて活動しますが、活動範囲はそれほど広くありません。日中は遠出せず、磯や岩礁の割れ目、隙間などに潜んで外敵から身を守って過ごしています。

クエはまぼろしの魚?

国内でも最大クラスの大きさのクエは、偽装が問題になるほどの超高級魚です。天然ものは希少価値が高く、一般家庭で供されることはあまりなく、主に高級料理店で楽しまれる、まさに「まぼろしの魚」です。一方、その巨体と美味しさから「釣り人の憧れの的」ともされ、現在でも釣り人の間では盛んにクエ釣りが行われています。

クエの旬と産地

ほかの具材と煮込んでも煮崩れしにくいしっかりとした身と、海の風味豊かで上質な脂を持つクエは、鍋料理によく使用され「冬の味覚」ともされています。主に1月頃にかけては脂が乗る時期とされており、大相撲九州場所では、力士の皆さんでちゃんこと並びクエ鍋を囲む姿が広く知られています。

クエは夏から秋が旬 

NEXT クエは夏から秋が旬