ツーリングテントの選び方&価格別おすすめ22選をご紹介【初心者向け】

自転車やバイクでのツーリングを楽しむ上で、それら向けのテントは必ず使います。しかし、初めての方は、何を基準に選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこでバイクなどでのキャンプ向けテントを選ぶ上での選び方についてや、おすすめしたいモデルなどを紹介します!

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

ツーリングテントとは?

前述しました通り、いまだバイクでキャンプ場まで行って寝泊りをするようなスタイルで利用されるようなモデルのものを使ったことがない方にとっては、市販されている通常のモデルとどこが具体的に違うのかわからないかもしれません。そこでまず最初に、ご紹介するものがどんな道具なのかについて紹介しましょう。

ツーリングテントの特徴

まずご紹介しているタイプのテントというのは、二輪車に荷物を載せてキャンプ場まで行き実践するツーリングキャンプや、自転車を利用したキャンプなどでの使用を想定したテントのことです。コンパクトさが重視されており普通のモデルよりも小型、収容人数も1人か2人程度となっています。

山岳用テントと何が違うの?

そんなアイテムと似たような特徴を持つものに、山岳用のテントというのがあります。こちらの方が過酷な状況を想定して作られていますので耐久力や水への耐性は高いですが、少人数が中で生活をする分には十分な広さが用意されておりまた設置するときも割と簡単に完了させられるのが特徴です。

ツーリングテントをどう選ぶのか?

キャンプ場でのキャンプですから山でのキャンプよりかはハードではありませんが、自分がどんな風にそれを活用するのかや設置するのがどれくらいでできるのかなどを見ておくことは快適なツーリングキャンプをするために重要なポイントです。ですのでまずは安価なものから使い、自分に合うものを見つけていってみましょう。

ツーリングテントの選択方法 8つのポイントとは?

ご紹介するテントがどんなアイテムなのかについてまずは簡単にご紹介しましたので、続いてはそんなアイテムを公開することなく選ぶために抑えておきたい、合わせて8つあるポイントそれぞれをご紹介していきましょう。

ツーリングテントを選ぶポイント①コンパクトさ

まずはそのテントがどれくらいコンパクトにできるかです。バイクなどは持っていける荷物に限界が出てきますので、どれだけ嵩張らずに持っていけるかは非常に重要なのです。ですので折りたたんで持っていくときにどれほどのサイズになるのかは、実際に目で見て覚えておくと良いでしょう。

ツーリングテントを選ぶポイント②軽さ

2点目はそのモデルの重量です。いかにテントが快適で過ごしやすそうだからと言って、重量のあるものではキャンプ場までもっていくのも現場での設置も苦労します。大体バイクに乗せるようなモデルなのであれば重さが2キロから4キロ程度のものだとちょうど良い軽さとされていますので、そのあたりで選びましょう。

ツーリングテントを選ぶポイント③通気性

NEXT ツーリングテントを選ぶポイント③通気性