犬鳴村は日本最恐!絶対に行ってはいけないと言われる犬鳴村の真相

今や日本最恐と呼び声が高い心霊スポット、それは福岡県にある犬鳴村。絶対に近づくなと言われるその村には数々の噂があり、1歩入ったら命の保証はないなんて話も。そんな犬鳴村についての噂や気になる村の現在、その真相についてをこの記事でご紹介していきます。

この記事をかいた人

2児の母です。私自身アウトドア大好きな家庭で育ち、子供もキャンプ、釣りが大好きです。家族で楽しめるアウトドア記事を書いていければと思っています。

日本最恐の心霊スポット犬鳴村

日本には噂が囁かれている集落が少なからずありますよね。もはや都市伝説になっている杉沢村に負けず劣らずの勢いで広まっているのが、今回紹介する犬鳴村という集落。今や日本最恐のこの村はどこにあるのか、心霊スポットとして有名なあるトンネルについてもご紹介します。

福岡県の山中にある集落

犬鳴村は古くから日本にある集落の1つです。村の周辺には福岡県宮若市の西部と同県糟屋郡久山町の東部の端を跨ぐ峠、犬鳴峠があります。カーブが激しい峠を抜けるとこの近くにひっそりと佇むトンネルがあり、そのトンネルもまたある出来事があった場所で曰くつきなのです。

心霊スポットとして有名な旧犬鳴トンネル

旧日本軍が欧米の捕虜と共に作り、工事費の問題などから一時休止を経て大戦後の開通になったトンネルです。第二次世界大戦が激化したことから作られたのですが、満足に重機もない中素掘りで密かに作られ、近くには開通記念碑が建てられています。行き方は後述しますが、気味が悪いと開通直後でも通る人が少なかったそうです。

犬鳴村はトンネルの先

慣れ親しんでいる道を想像して行くと、村へと続く入口は非常にわかりづらいです。大体夜に行く方が多いと思いますが、暗い中では見つけるのは難しいかもしれません。先ほど紹介した旧犬鳴トンネルの近くに道と呼べるのかわからないほどの入って行ける所があり、そこをさらに登っていくと村にたどり着きます。

犬鳴村とはどんなところなのか

存在自体をなかったことにされていると言っても過言ではなく、興味深い噂だけが勢いよく広まっています。今では地図に載っていないこの地に、連日多くの人が訪れていますが一体どんな所なのでしょうか。

日本国憲法が通じない

私達を守ってくれている憲法が通じないと考えて下さい。奥に進んだ所に【この先、日本国憲法は通用しません】と、警告ともとれる看板があるそうです。これを見つけれたら、村へはもうすぐ。ただし完全な自治地区として成り立っている集落のため、何かあっても警察でさえ手が出せないのです。日本にありながら日本でないと言えるかもしれません。

差別を受けて完全に孤立する

今では感染し発症することは少ないと言われていますがハンセン病など伝染病の患者、精神的な病気の人が犬鳴村に隔離されていました。それによってか、江戸時代よりずっと前から村外部の人に酷い差別を受けてきたのです。差別によって必然的に外部と接触することを拒み始め、今では一切関わることなく自給自足で生活をしていると言われています。

近親結婚を繰り返している

NEXT 近親結婚を繰り返している