デラボールを使いこなそう!その特徴やカラーについてご紹介

バス釣り好きのみなさん、「デラボール」って聞いたことがありますか?とっても革命的なバス釣りアイテムなんです。デラボールを使えば、バス釣りの楽しさをもっと広げることができます。ここではデラボールの魅力について、その全貌を詳しく紹介します!

この記事をかいた人

デラボールってどんなアイテムなの?

ジャッカル社製の小型スイムベイト

デラボールとは、滋賀県の釣り具メーカー「ジャッカル」から2016年に発売された小型スイムベイトの商品名です。ちなみにスイムベイトとは、バスのエサとなる魚や小動物の姿に似せたルアーのことです。バス釣り用のルアーとして、デラボールは異例の人気を誇っています。

「デラ」や「ボール」ってどんな意味?

「デラ」とは、開発者・水野浩聡氏の地元の方言で「とても」を意味する言葉です。初心者にも扱いやすい「とても釣れるルアー」という意味が込められています。また「ボール」はデラボールの形状を表しています。普通のルアーと異なり、頭部が球体のような形状をしているのです。

デラボールの特徴は?

キーホルダーにしたいくらい可愛い!

デラボールを見てまず目を引くのは、なんといってもボールのように丸っこい頭部です。普通のスイムベイトはリアルな魚の形をしていますが、デラボールは頭が大きくデフォルメされていて、とても可愛らしい見た目をしています。キーホルダーにしてお気に入りのバッグにつけておきたくなるほどの可愛らしさです。

普通のスイムベイトと何が違うの?

普通のスイムベイトは、バスの目を引くために大きいサイズになっています。そのため初心者には遠くまでキャストするのが難しいというデメリットがあります。また、普通のスイムベイトはフックに直接刺して使います。そのため何回も使ううちに、どうしてもボディが裂けてしまいます。

しかしデラボールは、球体のような形状や独自のフックシステムを採用することで、普通のスイムベイトのデメリットを克服することに成功しています。丸っこい頭の可愛らしい見た目には、ちゃんとした理由があるのです。それでは、デラボールの特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴① 球体の頭部

ロングキャストしやすい!

デラボールはボールのような丸い形をしているので、投げるときに空気抵抗をあまり受けずに済みます。そのため、キャストをするときに遠投ができ、遠くの水面に着水するロングキャストが可能になるのです。まるでゴルフボールを投げるような感覚でキャストができるので、普通のスイムベイトに比べてはるかに扱いやすくなっています。

小型化とアピール力を両立できる!

頭部が球体になっていることは、バスに対するアピール力の向上にもつながります。球状の頭部が水をしっかり押し出してくれるので、小柄でも確かな存在感を放ちます。普通のスイムベイトのように、サイズを大きくする必要がありません。丸い頭の可愛らしい見た目は、コンパクトさとアピール力を両立する効果も生み出してくれるのです。

見る方向でシルエットが変わる!

NEXT 見る方向でシルエットが変わる!