フロロマイスターの評価とインプレを紹介!コスパが良いって本当?

フロロマイスターの8ポンド・10ポンドの特徴

8ポンドくらいからは、スピニングタックルでは心許ない局面でのベイトタックルにも向いてきます。バス釣りにとどまることなく、ライトソルトゲームにも使えますし、アオリイカやタチウオ釣りを楽しむ際のリーダーラインとしても活躍している様です。

フロロマイスターの12ポンドの特徴

このくらいになってくるとソルトゲームでは大型魚も充分狙えます。よりベイトタックル向きとなります。フルキャストしても、バックラッシュしやすいということもなく、安定して使えるとの声も各所で上がっていました。

バス用のベイトリールと、海の青物用スピニングに巻いています。
若干伸びがあるのはご愛嬌です。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

フロロマイスターの20ポンドの特徴

フロロマイスターの最強ラインである20ポンドは、特に高評価が目立ちます。ビッグベイトにもオススメです。その強度からジギングのリーダーとして利用しているとの声も沢山上がっていました。

サゴシやイナダ用のジギングリーダー用に購入。
サゴシの鋭い歯には、適いませんが、普通に使うには全く問題無し。
PEとの結束で切れることはすっぽ抜けもありません。

(引用:Amazonカスタマーレビュー)

アジングにも最適のフロロマイスター

フロロカーボンライン以外にもPEやエステルなどの他素材で臨むアジングファンもまだまだ多い様ですが、やはり強さとのあるフロロカーボン、中でもコスパの良いフロロマイスターは昨今人気上昇中です。既出の通り、フロロマイスターでのアジングはライトゲームをくまなくカバーできる3ポンド、4ポンドがぴったり。根ズレしにくく強さも十分とのことでメインラインとしてもリーダとしてもファンがあり、そのコスパも手伝ってメインで使っているユーザーが多い様です。

フロロマイスターの太さ

強いと言われているフロロマイスターですが、他のラインと太さが異なるのでしょうか。ここでは一般的なフロロカーボンとフロロマイスターの太さと直径をまとめた表を基に比較してみましょう。

号柄(号数) 強度 (lb) 平均的な直径(mm) フロロマイスターの直径(mm)
1 4lb 0.165 0.165
2 8lb 0.235 0.235
3 12lb 0.285 0.285
4 16lb 0.330 0.330
5 20lb 0.370 0.370

表を見てみると、どうやらすべて数値が一致している様ですね。よって一般的なラインとフロロマイスターは太さには違いがないことがわかりました。太さは変わらないのに強いということは、製造段階での技がうかがえますね!

まとめ

新素材として人気急上昇中のフロロカーボン。中でもコスパ最強のフロロマイスターについてみてきましたがいかがでしたか。毎週釣りに行きたい!出来ればストレスの少ない高級ラインで思い切り楽しみたい!勿論その通りですが、どこまでも際限なくゲームに投資できるかと言うとなかなか難しいところがありますね。そこでお財布の強い味方となりそうなのがこちら、フロロマイスターではないでしょうか。高級ラインと比較すると劣化は多少早い様ですが、その分存分に巻き直しができるのがうれしいですね。毎回新たな気持ちでゲームに望めるのは嬉しいものです。まだ使ったことがない方は、是非これを機会に一度チャレンジしてみてくださいね。