ダイワエアエッジのインプレと評価まとめ!2019年の新作もチェックしよう!

特徴②大物にも対応できるバットパワー

ライトクラスのは細い径のロッドが多いですが、高密度HVFカーボン・BRAIDINGXのおかげでバットにパワーがあります。強さの他に粘りがあるので、大物が掛かってもロッドが仕事をして駆け引きをサポートします。セッティングによっては、ロッドの力を活かしてカバー周りから魚を強引に寄せる選択をすることができます。

ダイワエアエッジの総合評価

ダイワの最新テクノロジーにより、軽さとパワーを併せ持つ高性能ロッドへと変わりました。上位機種の下のランクという位置づけながら、その差を忘れさせるような価格以上の実力を持つロッドです。種類がとても豊富で、バス釣りをする人のほとんどのニーズに対応できます。

初〜上級者向けの使い手を選ばないロッド

幅広く展開されているので、初心者の方から上級者まで数多の要望に応えることができます。初心者の場合、扱いを誤ってロッドを折ってしまう可能性があります。正しい使用方法を覚えてもらうべきではありますが、万が一の時にロッドの強靭さが不測の事態をサポートします。性能に関しては、何一つ問題はありません。

中級者から上級者の方に対しては、細分化されたモデルがさまざまな条件に対応します。特定のルアーを専門的に使いたい方、バーサタイルなロッドを使って少ない本数でフィールドを攻める方、それぞれの要望を満たします。釣りを長くやるほど、やりたいジャンルや必要な道具が定期的に変わるので、種類の多さがその点もカバーします。

オカッパリに一本持って行きたい時におすすめ

ベイト、スピニング共にバーサタイルなモデルが数種類ラインナップされているので、オカッパリをする人とは相性がいいです。一本のロッドで巻物からワームまでを快適にこなすことができれば、荷物が少なくなり身軽に釣りができます。

また、ときにはバーサタイルとは真逆なロッド一本で釣りをする日もあるかもしれません。例えば、一日中トップウォーターを投げ続ける場合などは、そのルアーに合ったロッドが使いたくなります。その時も、種類が多くあるので使用したい道具に合ったロッドが見つかりやすいです。

2019年のダイワエアエッジの新作を見てみよう!

出典:DAIWA

ダイワの2019年の新作では、いままでのモデルとは異なるタイプのものが発売されました。エアエッジモバイルという継数が4本のコンパクトになるタイプです。モバイルである9モデルが、エアエッジシリーズに新たに仲間入りします。

モバイルモデルのメリット

仕舞寸法が小さくなることによって、持ち運びが非常にしやすくなります。車に積み込んでも荷物にならないのはもちろんのこと、電車や自転車でも気軽に持っていくことができます。かばんの大きさによっては、中に入れることが可能なサイズです。場所をとらないので、外出のついでにとりあえず持っていくということもできます。

また、万が一折れた場合でも、ロッド自体が細かく分かれるので、その箇所のみを交換することができます。そして、普通のモバイルロッドではなく、エアエッジなので性能面は非常に信頼することができます。携帯性にとても優れていて使い勝手がいいので、今後の展開が期待されるシリーズです。

ダイワモバイルパックに関する記事はこちら

ダイワエアエッジはどの釣り人にも合うロッド

ダイワの最新テクノロジーが搭載されたエアエッジは、軽さとパワーを併せ持っています。その性能に加えて、たくさんのモデルが展開されているので、欲しいロッドが手に入りやすいです。エアエッジは、いろいろな釣り人の要望を叶えることができるポテンシャルの高いロッドです。

NEXT ダイワの新商品に関する記事はこちら