快適キャンプに必須の虫除け対策!最強おすすめグッズと対策を一挙紹介

虫除けの仕方は大きく2種類

ここまではキャンプをする際に気をつけなければならない虫の種類にどんなものがあるのかについてご紹介しました。キャンプの際にはこれらの虫への対策をしなければならないのですが、その虫よけの対策に関しても大きく分けて2つの種類があります。どんな対策があるのかを続いてはご紹介しましょう。

虫除けの仕方その1:虫を寄せ付けない

まず1つ目の対策は、前述したような虫たちを自分たちが生活することになる生活圏内に寄せ付けないというものです。大抵虫よけをするというとこチらの対策を思い浮かべるでしょうし、具体的には蚊帳付きのメッシュテントや夏場に家庭でも良く使われるであろう蚊取り線香の使用などがこれに当たります。

虫除けの仕方その2:虫被害を軽くする

虫自体を寄せ付けない対策のほかに、その場から虫たちを遠ざけさせるのではなく被害を軽減させるというものもあります。例えば防虫スプレーや防虫対策の施されたウェアなどを切ることなどがこの対策方法に該当し、たとえ虫が活発に動いている環境の中にいても被害を受けないようにするというものになります。

100%の虫除けはない!虫の世界へ自分たちがいくという心構えも大事

虫への対策としては前述した2つの種類のものがあるとご紹介しましたが、どちらにもいえることは実践すれば100%必ず被害を受けなくても済むことにはならないということです。キャンプ自体自然の中で過ごすことですし、自然の中に行けば真冬でもない限りほぼ確実に虫はいます。その中で生活させてもらうというスタンスで行きましょう。

肌の露出を控えるのも虫よけに

これからご紹介するアイテムを使うだけでなく、自分が着る衣服などを工夫して肌をさらす面積を少なくすることも虫の影響を受けない対策として効果があります。日差しが強い時期ならUVの軽減効果も期待できますのでおすすめです。

虫除け対策①虫除けジェルで危険生物の「ムカデ」から身を守ろう!

ここまでは、注意するべき虫の種類や対策の種類などについてご紹介しました。それではここからは、本題である虫よけ対策に有効なアイテム類をいくつかご紹介していきましょう。まず最初にご紹介するのは虫の種類でも最初に紹介したムカデへの対策となるアイテムになります。

テントバリア

【日本製】テントバリア ●キャンプ、アウトドアの虫除け対策●

Amazonで見る

ムカデ対策に有効な虫よけジェルでおすすめなのはテントバリアになります。自分が生活するテント周辺にジェルを撒けばすぐに効果を発揮してくれ、ムカデのみならず様々な地面の有害生物を寄せ付けない働きをしてくれます。四方に撒いておけばどこからもムカデが酔ってくることのない安全なサイトの出来上がりです。

スペック

  • 成分:アフピリン、食添色素、ゲル化剤
  • 内容量:300ml
  • 有効期限:開封後1年
  • 価格:1560年
NEXT 虫除け対策②メッシュテントで虫のいない空間を作ってしまう