LEDランタンならジェントスがおすすめ!全12アイテムの魅力を徹底解説します!

灯ランタンの1/fゆらぎは焚き火で十分に味わえる

特にアウトドアではガスやガソリン式のように、燃焼によって生じる自然な炎のゆらぎに安らぎや雰囲気を感じるものです。これに対して一般的なLEDの灯は当然のことながら明るさが一定のため「ゆらぎ」を感じることはできませんが、これは焚き火をすることで味わうことも可能です。

キャンプで焚き火に関する記事はこちら

ジェントスのLEDランタンの魅力

ここまでLED式の商品が他の方式のタイプに対して強いところ弱いところを解説してきました。テントの中で使用できるなどキャンプで使用するのに大きなメリットのあるLED式ですが、その中でもジェントスのLED式ランタンが他に比べて優れているポイントについて紹介します。

ジェントスのLEDランタンは明るい

ガスやガソリン式と比較して明るさが不足しがちなため、テントの中やテーブルの上で使う灯りとして使用されることが多いLEDタイプですが、テントの中やテーブルなどで使用するくらいの明るさのモデルから、メインの灯りとしても使用できるような明るさを誇るモデルもラインナップされています。

1,000ルーメンのLEDランタンの実力

ジェントスの商品には最大で1,000ルーメンの明るさで使用できるモデルがあります。これは一般の白熱電球でいうとおよそ70〜80W相当に値し、タープ下のリビング全体を照らすメインの灯としても使える実力になります。

明るさに不安ならリフレクターでパワーアップ

1,000ルーメンというかなり明るいモデルもあるジェントスのアイテムですが、それでも明るさに不安があるという方にはリフレクターを使用をおすすめします。リフレクターで光を片側だけに集めれば明るさはかなりアップします。

メインの灯でも必ずしも360度全範囲を照らす必要はありませんし、逆に隣のサイトの方の迷惑担うケースもあったりします。通販で購入可能なアルミ蒸着シートなどを利用して簡単に作れますのでおすすめの方法です。

ジェントスのLEDランタンは持続時間、明るさのバリエーションが広い

このメーカーの商品はその種類もとても豊富です。明るさだけでなく点灯時間の長さや点灯色の切り替え機能つきなど、使用目的にあったモデルを選ぶことができるのもおおきな魅力の1つといえるでしょう。

明るさは1,000ルーメン〜100ルーメン

ジェントスのアイテムにはテントの中で使用するのに適した明るさのものから、リビングエリアでも使用できる明るさのモデルまであるので「テント内用」「テーブル用」「リビング用」というように使用場所別に選ぶことができます。

持続時間が30時間のアイテムもある

このメーカーの商品には最長で30時間点灯可能なモデルもあります。これでも普通のキャンプであれば3〜4泊の夜を余裕で過ごすことができますが、これは明るさ最大での点灯可能時間のため明るさを落として使用すればさらに長い時間使用することも可能になります。

NEXT ジェントスのLEDランタンは白色、昼白色、暖色の切り替えができる