古代の拷問「スカフィズム」が残酷で怖い!死ぬよりも酷い極刑だった!

世界には様々な方法の拷問や処刑がありますが、スカフィズムという刑をご存知でしょうか。死ぬより辛い目に合うといわれ、世界で最も残酷な拷問方法だと言われています。この記事では、スカフィズムという拷問方法について詳しく解説していきます。

この記事をかいた人

三度の飯よりオカルトが好き!ねこむらです。

拷問は古来より行われている

Hans / Pixabay

拷問と聞くとフィクションの中の出来事であったり、遠い昔の事のようにイメージされがちですが、そう遠くない時代にも拷問は普段の生活と隣り合わせにありました。

日本でも拷問はあった

 

geralt / Pixabay

私たちが住む日本でも明治時代以前まで、拷問は公式な制度として機能していました。しかし、戦後においても警察官による自白強要の為の拷問が水面下で行われており、法律により拷問が禁じられたのは、ごく近代の出来事と言えます。

世界中で拷問は存在した

RoAll / Pixabay

現代のように法整備が整っていなかった古代には、世界中のあらゆる国で拷問は合法のものとして存在していました。拷問の対象は罪人だけでなく、身分の低い人々にも日常的に行われていました。

現在では拷問文化は廃れている

qimono / Pixabay

古くから繰り返されていた拷問文化も近代化と共に廃止され、現在ではほとんどの国で法律により禁じられています。

スカフィズムとは

cocoparisienne / Pixabay

スカフィズムとは、世界中に数多く存在する拷問方法の中で「最も残酷」と言っても差し支えない拷問の名です。

ボートと蓋を使用する

earthroom / Pixabay

一艘のボートにターゲットを寝かせ、覆いかぶさるように蓋を閉じます。その際、ターゲットの顔と手足がボートの外に出せるように穴をあけておきます。

はちみつやミルクを手足に塗りたくる

Septimiu / Pixabay

ボートからはみ出しているターゲットの顔、手足にたっぷりとはちみつやミルクを塗ります。

汚い池や暑い場所に放置

NEXT 汚い池や暑い場所に放置